BLOG

2019.04.17

2019年一発目

●釣行日:2018年12月30~2019年1月1日
●ポイント(場所):山陰地磯~山陰離島
●お名前:気ままなショアジガー

●使用ルアー/ジグ:撃投ハイパー150
●使用フック/サイズ:ミディアムロック9/0 stx58#2#3 st663/0
●魚種/全長(cm):平鱸、チヌ、丸鱸、ヒラゴ

 

今年も文才のない気ままなショアジガーよろしくお願いいたします。

2019年一発目から無駄に長いレポートにお付き合いください!

年末年始釣れるまで帰らない釣行にいってきました。

 

当初の予定では五島にフェリーで渡って、平鱸とヒラマサとクエを四日間くらいやる予定でしたが、、

 

1ヶ月Googleマップとにらめっこして妄想したのに…。。

時化で帰りのフェリーが怪しい。

3日には帰らないと行けなかったため2日前に泣く泣く中止。。

 

どこいこう?

30日31日1日の予報は

波は3メーター後2、5メーター後2メーター!

少し凪ぎになっていく予定だがまた元旦昼からの北西爆風が気になる。

なかなか読めない天気だし、山はかなり雪が積もってる。

 

悩んだあげく、30日はとりあえず平鱸メインの31日元旦もしいいとこ撃てそうなら、

ヒラマサも視野にいれよう。

29日昼から車を走らせるも雪があるので100キロくらい遠回りして、

最初の予定とは少し違う地磯へ!!

 

とりあえず20時ころ駐車場についたので山をくだり偵察。

風速10メーターくらいの風でたち位置はギリギリある!

夜は危ないので上からしばらく観察して、

車に戻る!

夜明け前から風裏になる予報だから、

朝起きてから様子をみよう!

 

そして、寒い中一人で鉄板で焼き肉。。

ビールを流し込み寒いなか、車中泊。

 

朝5時起床。。

風向き変わってる??

後はどこまで波が落ち着いたかだ!

準備をはじめると、

ミゾレと雪が笑

寒い↓↓

心がいきなり折れそうになるが、

気合いを入れ山をくだる。。

フィールドへつくと波はあるも風があまりない。。

 

平鱸がうてそうなポイントに歩いていく。。

たち位置が微妙。。

明るくなるまで危険なんで上からしばらく波を観察。

 

たち位置はあるのだがまったく前にでれない笑

かけたら右にうまくまわせたら足場は5メーターくらいあるがなんとかランディングできる。

左に回られたら岬の先端に

絡むかすれる。。

 

難しいが風はそんなに邪魔をしない風向きなんでさらしをせめていく。

ん??

いないのか??

一時間くらい下手くそなりにせめたが何もない。。

 

もう1つ崖をこえたらかなりよさそうなとこにいけるんだが、

行くまでかなり危険がともなう。

悩んだあげく安全第一で

やめて少し休ませて潮位が変わって再度うちなおすことに!!

 

朝飯を食べて、

うちなおすとさっそく一投目でヒット!!

ヒラヒラーヒラスズキー♪と変な歌を歌いながら、

ごりごり右に誘導して浮かしたのは。。

 

…。。

貴方でしたか。。。

40くらいのチヌ。。

正月の酒の肴にするのにとりあえずその場で三枚におろし、キープ????

 

それからせめるもまたチヌ。

沖のさらしにはチヌが群れているので岬の瀬際をせめる。

一発でヒットしたのはまあまあの磯丸。

こいつも丁寧に血抜きして腹をだしてキープ。

それから本命のいいサイズのヒラスズキを二度かけましたがずりあげては波に持ってかれをくりかえしてのフックアウトと

左に回られてゴロタ浜を走りながら根からはがそうとしましたが、

岬の先端にラインが絡まりブレイク。。

それからあたりがなくなり昼過ぎに一度車へ。。

 

チヌと磯丸をとりあえずキープ。

そして、次の日も時化なんでヒラスズキもとめて100キロ移動。。

1人で豚しゃぶしゃぶをして一杯やり大晦日釣行にむけて飲んだくれる笑

寒いけど楽しい笑

 

そして、朝5時起床。

山をくだり崖をくだる。

前の日より波が落ちていたので

青物から狙い出す。。

足場が10メーターくらいあるので水深はないエリアだが、

撃投150グラムでひたすらなげる。。

二時間ほど投げるも反応はなく、

ヒラスズキ狙いに変更。。

何度かあたりがあり

まあまあのサイズかかった。

磯丸か?ヒラスズキか?

ずりあげできる場所が足場5メーター付近にあるが

そこまで波がはいあがってくるため、

そこからはラインつかんで抜きあげるしかない。。

ヒラマサタックルなら少々でも抜きあげるのだが、

ヒラスズキタックルではそうもいかない。

しばらくさらしで弱らせていっきにずりあげる。。

 

ヒラスズキだ。。

 

うまくずりあげできたがそこからは波とのにらめっこ。。

何度か魚が落とされ、その度にラインフリーにして

またずりあげる。。

波が少し落ち着いたタイミングをみてラインつかみ上まで抜きあげた。。

車で移動、険しい地磯を降りたりあがったり

二日間粘って、ようやく釣れたヒラスズキ!

70くらいのカッコいい魚体でした!

Capture_GOPR2136_1546229944665_high_20181231_182829

その後80くらいの磯丸をゲット。

Capture_GOPR2116_1546230305733_high_20181231_182900

ヒラスズキも60くらいのを二回ずりあげましたが、フックアウト。。

下手くそですわー

あたりが遠退き、またロッククライミングして場所移動。

さらしうちまくりましたがメバル25弱が一匹。

もちろん正月の酒の肴にキープ。

 

そして、次の日元旦は波が2メーター後1.5予報なんで、

もしかしたら渡船いけるかも??

行きたい磯の渡船に連絡すると、

時化だから磯で釣りができるか微妙だがもし無理なら船から釣りになるがいきますか?

初釣りはどうしてもそこの磯にいきたかったため、

もし少しでも可能性あるならと。。船長まかせで予約。。

そして、二日目納竿。

崖をはいあがり、車へ。。

ヘトヘトで車にもどり、

銭湯をさがすも大晦日は近くはやってなく。30キロ移動して風呂。

そして、渡船場に移動して

明日渡船がでていい釣りができますように。。

そう祈り、スーパーで買ってきたはまぐりを酒蒸しにして2018年最後の1人宴。。

三日目の車中泊後、

 

2019
元旦。。

近くに小さな神社があったので1人初詣。。

 

夜があける少し前に出発。。

うねりがまあまああり

時間かかりましたが山陰離島到着。。

しかし船がつけれそうな磯がない。。

中止か。。

そう思ってると、

船長が風裏さがしてくれて

なんとかやらしてくれることに。。

釣れなくてもよい。

初釣り、けがなく楽しみたい。

2019初釣り開始。

 

かなりの大時化で足場は10メーター以上ずりあげはほぼ無理。

一段抜きあげてギャフかけるか上まで抜きあげるか。。

メインはヒラマサでヒラスズキも狙う。。

ヒラマサタックルに

撃投ハイパー150グラムピンクグロー、ミディアムロック#9/0

平鱸は平鱸ロッドでは抜きあげるのが厳しいのでとれないと判断。。

ヒラマサロッドでリールは平鱸用のpe2号。

竿固いのでショートバイトは無視して

やる気のある奴だけかけて抜きあげる予定。

準備できてひたすらヒラマサをjigで狙う。。

昼からさらに時化てくる予定なので船長から

昼には撤収と言われている。

とりあえず投げるしかない。

潮はまずまず流れて雰囲気もよいが反応がない。。

気づけば納竿時間が近づく。。

 

まずいなー

でも、初釣りでのりたい磯のれたから嬉しい!

無心でしゃくってしゃくって、

足下さらしのきわでまたボトムとりしゃくってきたら

カウンターでガツン!!

足下ヒットのため

あわせをいれて

すぐにうかしにかかる。。

 

サイズは小さいが足下でかけたためよくひっぱる!!

足下のオーバーハングにもぐろうとするのをむりやり

引っ張りだしてさらしに現れたのは綺麗な黄色いラインのヒラゴ。

ミディアムロックが上顎にがっつりだったので躊躇なく

上まで抜きあげた!!

 

Capture_GOPR2165_1546320723964_high_20190101_203642

三キロほどのヒラゴだったが、

本間嬉しい一匹だ!

粘って三日間やって良かった!

すぐに血を抜き投げるも後は続かず、

第二本命の平鱸狙いに。。

 

竿が固いのでミノーが動かしずらいがなんとなく

動かせるようになってきた。

すると沖のさらしでヒット。。

フックがstx58の#2なのでまあまあ無理きくので、

瞬殺でうかす。。

ただランディングを躊躇したら波で持ってかれる。。

案の定、張りだしにラインがすれる。

テンションゆるめたら沖に泳いだのでソッコーうかして

フック確認すると前も後ろもばっちりかかってる。

70くらいの平鱸だからどうにか前も後ろもかかってるからいけるはず。。

フック信じて抜きあげゲット。。

その数分後同サイズをゲット。。

そして、納竿。。

 

Capture_GOPR2170_1546320585423_high_20190101_203555

 

時化すぎて全身潮まみれやし、

回収かなり時間かかったが

けがなく無事車へ!!

初釣りでサイズは出なかったものの本命のWヒラ。。

大満足である。。

こうして楽しかった

車中泊3泊1人旅。

美味しい魚とともによい正月を迎えれました。。

今年も時間とお金が許す限り、全身で磯を楽しみたい。。

まとまりないレポートなりましたが今年もよろしくお願いいたします。

2019.04.17 09:11 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る