BLOG

2018.09.04

ショアからでも釣れるかな?

●釣行日    :2018年9月2日
●ポイント(場所):愛媛県今治市
●お名前    :タカ

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ 85g 105g
●使用フック/サイズ:ロック5/0 シワリツイン5/0 いずれも自作
●魚種/全長(cm):ヤズ 2.5kg 60cm無いと思います

 

幾分か朝晩が涼しくなり、日中も茹だるような暑さも緩んできました。

沖ではナブラも出てサイズも良いのが釣れてるらしいので、ショアからでも釣れるかな?と思い出撃してきました。

2週ほど前に友人が8kgオーバーをキャッチした波止です。担当者さんに初めてお会いした場所ですww

午前中が雨の予報でしたのでのんびり午後から出撃しました。

 

到着して海を見てみると、小型のサヨリ、カタクチイワシの幼魚かな?が結構接岸しています。

まずは撃投85gのイワシカラーでやってみます。

満潮潮止まりなのでほとんど流れが無くシャクってもスッカスカ。

そうこうしてると波止の先端の方が帰られたので先端に移動です。

ちょっとアピールを強めた方が良いかな?と思い撃投105gのグリーンゴールドにチェンジ。

するとゆっくりと下げ潮が効いてきました。と、同時に鳥の動きが活発になります。

ボトムからジャカジャカ→早めのワンピッチ→ステイ。

反応なし…

 

2回目の底どりから早めのワンピッチ→おっさんジャーク。

で、そろそろ手前の潮目に差し掛かりそうってところでシグの重さが消える食い上げのバイト。

アワセを入れるとちょっと重いだけでイマイチ生命感が感じられません。あら?ゴミに乗ったんかな?

半信半疑で一応追いアワセを入れてロッドできいてみると、ゆっくりクビを振る生命感がw

スルスルと難なく寄ってきたのは60cmないぐらい2.5kgのヤズでした。

5249070255b8d06c2a07ab

 

 

その後近いところで海中ナブラがでてるのかイワシかな?の鱗がものすごい大量に流されてきました。

30分ぐらいの一瞬の時合いでしたが、潮の流れ始めは必ずチャンスがある!と実感できた日でした。

久しぶりのショアジギングでサイズは小さいながらも魚が口を使ってくれたので楽しかったです。

ジグの操作を初心に戻って一から丁寧にを意識しながらやったのが良かったのかなw

2018.09.04 09:05 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る