BLOG

2018.07.09

【担当者より】・ガンガン がっつり アップさせていただきます。

いつも撃投サイトの閲覧
ならびに、レポートをくださる
皆様、ありがとうございます。

 

先週の金曜日、以前から
楽しみにしていた奄美遠征の様子
を「担当者より」として、アップ
させていただいております。

 

その日は、朝まずめの
磯にあがってすぐ、画像の魚が釣れました。

すぐ会社に
「担当者より」を送信し、スマホを磯バッグにしまって
そのまま夕刻まで磯の上で仲間とルアーを投げつづけていました。

 

そのあと、雨による被害が大きくなっていることなど、想像だにしていませんでした。

わたしのいた磯は
当初の予報に反して
夏の快晴、夏空の奄美

多くの地域に、水が襲いかかっている
ことなど、まったく、
想像だにできて
いませんでした。

元来、釣りを始めてしまえば
もうそのまま釣りばかり

そんな馬鹿です

 

ご丁寧に、担当者よりの文末には

 

「よい週末を」

などと、付け足してしまってまでいました。

 

ここまで甚大な被害の発生した今回

日頃、撃投サイトをご覧くださる
多くの方に、不愉快な思いを
させてしまったのではないかと
極めて、自己嫌悪感をもっています。

金曜日の夕刻以降、
磯からあがってからの民宿で

テレビに映る、凄まじい濁流

言葉を失います。

自己嫌悪は、やみませんでした。

 

それが、金曜の夜以降の
素のままの、気持ちです。

 

災害に対しても
なにか、特別なことができない
自分です

今回、もしかするとほんとうに
残念なことに、これを読まれてるかたのなかにも

傷心の被害に遭われた方もいらっしゃるかもしれません。

ご本人ではなくても、
親類や、仲間、大切な方

周囲の誰かが、弱ってらっしゃる
かもしれません。

 

早く、平常の暮らし
平常の、笑顔に

戻られますように
強く祈念しております。

なにか、特別なことができません

なのですが
こういったときに自分の
力量について自問自答すること
があります。

かつての阪神でも
東北でもそうでした。

そこで、やはり
特別なことはなにもできない
ことに気がつくのです。

なのですが

ですから、だからこそ、自身の
答えは

業務を通じて
素晴らしい趣味であるはずの
魚釣りを

釣りを楽しむ方にとって、
私どもの取り扱うつりばりが

ささやかに
なにかがプラスになるように

 

今回の災害で
日頃は釣りを楽しんでいるのに
しばらくは、釣をできる環境でなくなってしまった方も
いらっしゃることと、思います。

それでも、釣りは最強の趣味で

ひとりで静かに楽しむことも
仲間と和気あいあいもできる。
自由です

釣りはほんとうに自由。

時間も自由
思い立ったときには、すぐにでも
釣に行ける。
帰りたくなれば帰ってもいい。

お金がなくても、糸とハリと、結びがあれば、なにかを釣って水中と、繋がることができる
もちろんお金のある方は、存分に楽しめるでしょう

場所も、時間も、なにかの制限も

ほかの遊びと比べれば
とてつもなく情感的で自由です。

万人に、ひろく
ひらかれている

とてもおおらかで
母性的な趣味

それが釣りと言う趣味の価値だと
確信して久しいです

直接的
間接的

さまざまな形で傷心のなかに
あられましても、

釣りは、なにかの繋ぎに通じると思います。

 

釣りばりに関わることを
業務にもしている立場で
ございますので

たかが
釣りばりごときではございますが

 

業務を通じて、
釣りを楽しみとするかたの
なにかに通じていたく思います。

いまこれは、出張に向かう神戸空港の
待合室で、思うまま書かせていただいております。

_20180709_074238

 

海や、川
飛沫しぶきや、山から流れる
瀬の流れ、

日頃は、水際にいることで
満たされている
そんなわたしたちのはず。

その、「水」が本気をだすと
こういうことになるのですね。

なんともいえない
気持ちになります。

けれど、あらためて
恐れる気持ち

畏怖のきもちを持ち得ます

重ね重ね

いつも撃投サイトを
ありがとうございます。

直接的
間接的
被害に遭われました方へ

「よい週末を」などと、、
昨日、奄美から帰りの道中や、空港
スムホを確認しつつ、いろいろ書き出しつつ

ほんとうに、自分がいやになって
きていました。

ご容赦くださいませ。
わたしは、釣ばりに関わる業務を
今日もかわらず、

地味に
地道に

つづけます。

 

平常で

平穏で
「久々に釣りでもいってみるか」

と、思えるような日常に
早く戻りますように。

魚釣りにを楽しむかたの
なにかの、ひととき通じますよう

業務を通じて

強く祈念しております

 

撃投サイトには
レポートをください。

こういうときだからこそ

ガンガン
がっつり
アップさせていただきます。

それが
担当者のとしての考え方です。

それが
わたしにもできることの
ささやかな
ひとつだと思っています。

 

2018.07.09 09:55 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る