BLOG

2018.05.28

【担当者より】・島根県のモッキさんの息子さん向けに勝手に作ってみました

いつも撃投サイトをご覧くださる皆様
またレポートくださる皆様
ありがとうございます。

 

昨晩も、出張先のホテルで
ぼーっとバックナンバーを拝読してまして、

アシストフックを作りたくなりました。
たいてい出張先には
タイイングツールを持っていってまして
ビールのみながら
気晴らしにはいいんです。

しかし最近じゃ集中力持たなくて
一晩に二組作ると、もうやめちゃうんですけどね。

そんなわけで

 

GWのころの
島根県のモッキさんのレポートで
「息子さんはシーバスロッド」
という一文が文中にありました。

今回のレポートのように青物の
感触を覚えてしまうと(しかも沖磯で)おそらくはいまごろは
ライトショアジグロッド、もしかして、けっこうガチなショア青物ロッドなどを使い始めてるのかも?
などと思ってます。

 

モッキさんはジグで
息子さんは、今回はプラグ
で釣ってらっしゃいます。

沖磯であること、体格的なこと、
などから、もし今後息子さんが
ジグをつかうとなれば
60~85クラスだと想定。

また、筋力に余裕がないぶん、ジャークには不要な力が、むしろ入ってしまいがちかもしれないと思い
内蔵するフロロ芯はすこし硬めにしてあります。

これで、どんなジャークでもジグに
噛んでしまったりすることなく
トラブルなく使用できるかと。

グローのジグをお使いになりそうですから、根付け部分のコーティングは
ライトグレーにして、小さなピンクの
「タグ」をあしらいました。←(サーモンフライ風に)

よろしければお使いください。

 

_20180526_101919

2018.05.28 10:10 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る