BLOG

2018.04.06

【担当者より】・すいません、担当者がYouTubeでむさ苦しく説明しております

いつも撃投サイト閲覧ありがとうございます。

また、臨場感あふれるレポートを
くださる皆様ありがとうございます。

今日レポートをくださってる
気ままショアジガーさん

今年もすでに2回のレポートを
ありがとうございます。

文面からも感じるように
今季もさっそくアツい釣りを
展開されてますね。

今季もよろしくお願いします

 

話しは変わって

「担当者より、の文章が長くて
読みづらい」との指摘をいただき
苦笑してます。

 

気ままショアジガーさんに
負けず劣らず
おっさんのわりにはわたしも
無駄にアツいところがあるようで
ついつい長文になってしまいがち。

インスタグラムなどに慣れた
若いかたには特にめんどくさいのかな? (^^;

などと思ったりしてます。
と、ついつい、今日も長くなりそうなので本題に移行。

 

「STとSTXの違い」

 

「投技ジグと、フック」

 

的な動画をYouTubeにアップさせていただきました。

ちょっと恥ずかしいのですが
むさ苦しい顔のわたしが
一生懸命お話ししております(苦笑)

よろしければご覧くださいませ。

振り返ると多くのアングラーとの関わりを思い出す「ST」、「STX」は
自分にとっても忘れられない仕事
のひとつといえます。

もちろん、ジグも
そうなんですが・・
やっぱり、わたしは釣り鈎製造業
の会社の社員。

釣り鈎に、印象が深くなりますね。

 

業務上
ジグやフックをデザインするとき
いつも思うのが
mont-bell社の言葉

「 function is beauty 」

 

これ、機能は美しさ。

なんですけど、すごくいい言葉だと
思ってます。

わたしはこの言葉を

「機能性を極限まで突き詰めていけば
結果として美しく、完成されたカタチになる」

と、そんな風に解釈してます。
わたしが担当したものが
美しいとはとてもとても
よー言いません。

けれど、機能的にいい道具に
できたと感じたたときは
造形的にも、必ずしっくりくる
なにかがあります。

いかん、いかん

また長くなってしまう。

すでに営業出張先のわたし
いまは遅い昼飯を食べた
CoCo壱からでした。

DSC_0160

2018.04.06 16:51 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る