BLOG

2017.09.05

メキシコでも撃投!ルースターフィッシュをキャッチ

●釣行日    :2017年8月24日~8月29日
●ポイント(場所):メキシコ バハ・カリフォルニア
●氏名     :廣瀬一京

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ85g、撃投ジグストライク105g
●使用フック/サイズ:ロック5/0
●魚種/全長(cm) :ルースターフィッシュ85cm

 

永年、憧れ続けたルースターフィッシュを、メキシコのバハ・カリフォルニアへ狙いに行ってきましたので、レポートしたいと思います。

 

 

成田からメキシコシティへ、メキシコシティで一泊、国内線に乗り換えてロスカボスへ。

 

バハ・カリフォルニア半島の先端の街、カボ・サン・ルーカスまでやって来ました。

 

 

リゾートホテルに着き、荷物を置いて、目の前に広がるビーチで投げ始めてみます。

 

快晴の海にもかかわらず広い太平洋から寄せる力強いウネリが、カケアガリを這い上がってきます。

波打ち際からは10メートルぐらい後方に立って釣りをすることになるので、選んだルアーは撃投ジグ85gピンクグロー。

 

波打ち際では、小さなベイトがキラキラ光っているのも見えます。

 

 

数投。

 

ウネリの巻き込みや波が崩れる影響でワンピッチジャークがやりづらく、

ロッドに乗る重みの変化に集中して、やや変則的なリズムでジャークを繰り返していると、

ベイトの群れの向こう側で、ズシンッ!!!

 

そして、ジーーーーーーーーーとファーストランの後に、ジャンプ!

 

おおっ!!あの長い背ビレは、ルースターフィッシュ。

 

いきなりキタ!

 

 

セカンドラン、サードラン、と力強く走る度に、派手なジャンプをする姿に大興奮、

と同時にヒヤヒヤです。

 

ウネリに乗せて、ずり上げると、

 

59a8ab1aa9746

 

夢のルースターフィッシュ。

 

85センチ。6~7キロぐらい。

 

青く、トサカのように長く伸びた背ビレがかっこいい。

 

59a8ab1aa9f10

 

子供達と一緒に撮影(家族旅行も兼ねてました)。

 

 

 

その後、二日目、三日目は、ほぼ一切反応が取れず、この釣りがかなり難しい釣りであること、

初日が奇跡のようなヒットであったことを痛感します。

 

 

四日目は、朝マヅメに撃投ジグストライクの105gでダツ。

 

59a8ab1aaa6e9

 

夕マヅメに撃投ジグの85gピンクグローでレディフィッシュ。

 

59a8ab1aab699

 

 

五日目は朝マヅメに、小さめのシンキングペンシルで、コボンアジ系のギャフトップセイルポンパノという魚を4匹。

 

59a8ab1aaaec1

 

 

六日目は朝マヅメに、撃投ジグ85gピンクグローの優しいワンピッチジャークで、3~4キロぐらいのスナッパー。

 

59a8ab1aabe71

 

 

同ジグで、ギャフトップセイルポンパノをキャッチして、メキシコ遠征を終えました。

 

59a8ab1aac647

 

 

 

それにしても、撃投ジグ85gが大活躍。

 

飛距離、フォールスピード、浮き上がり具合、ともにこのジグがここでは最高に使いやすかったです。

 

 

永年の夢の実現ができました。ありがとうございました!!

2017.09.05 09:13 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る