BLOG

2017.09.04

【担当者より】・近郊のハマチがおもしろい

今年の明石界隈はツバスが多く、「今年からジグの釣りを始めました」という方も多くいらっしゃいました。

わたしも例年になく、休みのたびに地元で楽しんでいます。

新たな発見も多くあります。

 

夏場釣れ盛った若魚も

これから秋が深まれば、一筋縄ではいかなくなってきます。

そうなれば、さらにこの釣りの深みを探求するアングラーが増えるのだと思います。

 

単なる鉛の塊を「操る」

本当に単なる鉛ですから、ジグ操者が鉛に生命感を吹き込むしかありません。

水中で青物を誘うためには

ジグセレクト、フックセレクト、そして、トータルの操作イメージが全てです。

 

わたしの目標は
「全バイト全掛け」

さらには
「全バイト全ランディング」

 

それを目標にしています。

今期は例年に比べると多くの時間を地元の釣り場で過ごしています。

探求がおもしろいからです。

 

5月からは、月に三回くらいは釣りをしていますが、まだどちらの目標も達成できていません

①「状況に適正なジグをセレクトできる人、できない人」

②「アタリのある人と、ない人」

③「アタリがあって掛かる人と、掛からない人」

④「ラインブレイクのある人、ない人」

⑤「ハリ外れのバラシがある人、ない人」

⑥「寄せたあと、速やかにランディングできる人、できない人」

 

上記のようなチェックポイントを、すべてクリアしたときに、それを実現できます。

なかなか難しいけれど、面白い。

 

魚はいるけれど、簡単には口を使わない。

そんなオモシロイ時期がやってきました。

 

上記の③、⑤、⑥については、ハリを真剣に考えることでかなり改善できると思っています。

 

_20170904_095304

 

難しくなっていくツバスやハマチを釣るのは

凄まじくおもしろいです。

再認識しています。

 

いまは、近郊のハマチにぞっこんです。

 

_20170904_095632

 

 

2017.09.04 11:26 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2024年7月
S M T W T F S
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ARCHIVE

ページトップに戻る