BLOG

2017.08.16

癒しのサイトゲーム

●釣行日    :2017年6月
●ポイント(場所):甑(藤丸さん)
●氏名     :上津原 勉

●使用ルアー/ジグ :ロックダイブ、ロックジャーク
●使用フック/サイズ:STX-58 1/0.2/0
●魚種/全長(cm) :コクハンアラ、ハマフエフキ

 

 

再びちょっと前の事ですが、大好きな癒しのサイトゲームでの楽しいプラッギングのご報告です。

 

6月になるとこれにどうしても行っておきたいのが、赤いのや茶色いやつのプラッギングです。

磯で待ち構えてくれている感じで、潮がよければ狙いどころ1ヶ所で最初の3投で出てくれます。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

薄暗い朝マズメ、ミノーのジャーキングにガツッと数回当たってきますがなかなかフッキングしません。

暫くは反応がいまいちでしたが、日が高くなり流れがあたりだすと、

足元の湧昇流越しにヒラスズキやクチブト、オナガ、ヒブダイ、イスズミ・・・

などなどいろんな魚が磯際にごってりいるのが見えます。

ジグにはたまにデカイコクハンアラらしきがふらふらとついてきます。

水面ではヤズらしき魚が速いスピードで移動しながらバシャバシャ、

かわいいサイズのカツオ系の魚がピョンピョン。

 

いやー、魚がいっぱいいます。

 

魚は多いのですが凪で下げ潮の為、気分を変えて小さなハナレに瀬替わりさせて頂きます。

 

流れがあたる磯で、周りは浅く海底がスケスケで沈み瀬もよく見えます。

磯の周り360度を海底地形で数か所に区切ってそれぞれの箇所をミノーとダイビングペンシルで狙っていきます。

 

ミノーでの一投目、ジャーキングをしていると早速赤いのと茶色いのが数匹ついてきます!

次のキャストでデカイ赤いヤツが磯際の水面まで追いかけてきたので喰え!と言いながらポーズを入れると鼻先で見切ってUターン!

まだ見えているその魚の進行方向にキャストし早巻きすると再び反応し今度はミノーをぱっくり咥えましたが、

それが足元の棚の向こう側・・・

 

ロッドティップにテンションをかけて針先を魚にたててからあわせないとフッキングしにくい魚たちなのですが、

今それをやってしまうとデカイ赤い奴が確実に棚の向こう側に行ってしまう・・・

 

合わせてしまえと思い反射的に合わせを入れるとガツッと衝撃がありポロっとフックアウト・・・

テンションをかけずに合わせるとこうなるんです。

 

そんなサイトゲームを楽しみながら、ミノーのジャーキングでコクハンアラ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

流れに対してダウンでもペンシルをしっかり水中に入れていると水面にボカン!と3.2kg。

 

59919df56ee2a

 

59919df56f9ee

 

皮が硬いのでSTXがちょこっとかかってくれれば十分です。

この掛かり方でも簡単には外れません。

 

 

今度はペンシルに黄色っぽいヤツがすっ飛んできます。

 

ペンシルを吸い込もうと水面でチュパチュパと音を立てるのが見ていて面白いこの魚。

口が大きくないのでちょっと掛かりにくいのですがSTXの鋭い針先が唇を捉えてヒット。

 

59919df5705b3

 

ハマフエフキ5kg。

 

59919df571177

 

この魚も唇が硬いのでSTXがちょっとだけかかってくれれば十分です。

この掛かり方でも外すのが大変です。

 

ハマフエフキは頬に鱗がなくてツルッツル。

 

この日は天気が良くメッキカラーのプラグに好反応でした。

 

以上、癒しのサイトゲームでした。

 

 

使用タックル
ロッド:COLTSNIPER XTUNE S908XH
リール:SPHEROS SW 8000HG
ライン:PE4号
リーダー:90LB

2017.08.16 09:25 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る