BLOG

2017.06.15

リトリーブとフォールで

●釣行日    :2017/6/9
●ポイント(場所):愛媛県愛南町
●氏名     :綱崎恭平

●使用ルアー/ジグ :投技ジグ40gブルピンD、イカ金D
●使用フック/サイズ:投技フック(純正のまま使用)
●魚種/全長(cm) :オオモンハタ46cm

 

こんにちは! 今回はライトショアジギングでオオモンハタを狙って愛南町へ出掛けてきました。

 

まずは、手軽な波止の実績ポイントからチェックしていきますが中々、反応が得られません、、、。

昨年もシーズン初期の頃は波止周りは食いが悪く地磯周りのほうが食いがいい傾向だったので潮のタイミングを合わせて地磯へエントリーしました。

オオモンハタは居れば直ぐにアタって来る事が多くポイントに入って直ぐのほうがスレて無くて高活性な魚が多く反応がいいので最初の数等はとにかく集中して丁寧な釣りを心掛けます。

 

カルティバから新登場した投技ジグの40g、ブルピンD(フックは純正のまま)をフルキャストして
沖ではスローピッチジャークとフォールを繰り返し、手前のブレイク付近からはタダ巻きのスローリトリーブを繰り返してアプローチします。

 

1投目は反応ナシ、、、。2投目は少しキャスト位置を変えて探って行きます。

 

オオモンハタはハタ類の中では回遊性が強く中層あたりまで強く浮いている事もありますが、

基本的にシモリやブレイクなどの地形変化に着いている事が多いので何度か探って反応が無ければ居ないと判断して

少しずつキャスト位置を変える事が釣果アップのコツです。

 

2投目も先ほどと同様にアプローチ、、、。

 

ブレイクの入り口付近まで来たところでリトリーブ開始。

3m程リトリーブしたところで、ドカン!! 投技ジグのリトリーブにヒット!!

 

フッキングと同時にリフトアップして少しでも底から引き離すために思いっきり鬼アワセを入れてロッドで持ち上げようとしますが、

ジグを押さえつけられたのか? 根掛かりか? と、思う程の重量感で動かなかったのでポンピングを入れてリフトアップ!

 

ここからはフルドラグで駆け引きは一切なしのゴリ巻きのガチンコ勝負!

 

手前の数m先にあるブレイクがかなり急激できついので一瞬の気の緩みが根に突っ込まれてラインブレイクへと繋がるので最後の力を振り絞ってポンピング&ゴリ巻き!

 

ブレイクに向かって一気に走り、ヒヤリとしましたが歩き回って立ち位置を変えて応戦しなんとか回避!

 

そして、何とか浮いてきたの丸々と太った自身の自己記録となる46cmのオオモンハタでした!

 

593d75a2711a2

593d75a2779f1

593d75a2781c8

 

口元をチェックすると細軸のストレートポイントでハリ先が鋭い投技ジグに標準装備されている『投技フック』が口の固い部分に見事貫通!

本当に良く刺さります!

 

593d75a277219

 

細軸ながら大型のオオモンハタの強烈な引きとフルドラグでの強引なやりとりにも耐えて、変形なしでした!

 

 

そして、フォールには小型ながらヤミハタがヒット!

フォールバイトも投技フックがキッチリ捕らえてフッキング成功!

 

593d75a276a41

 

しっかりと刺さってくれていますね!

 

 

 

今回はリトリーブとフォールでヒットしました。

まさに、投げて巻くだけ、、、。落とすだけで簡単に釣れてします投技ジグ!

ハタ類にも高実績間違い無しです!

 

まだまだシーズンは始まったばかりですが今シーズンの1匹目が自己記録となる大型でした。

今年こそは目標の50アップをキャッチできるよう頑張りたいと思います!

 

PE
カルティバ 撃投PEフラッシュ 1.5号
ザイト磯フロロ 5号

2017.06.15 09:26 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る