BLOG

2017.05.16

新規開拓場所へ

●釣行日    :5月13日
●ポイント(場所):愛媛県地磯
●氏名     :kaz

●使用ルアー/ジグ :サイレントアサシン99F、かっ飛び棒130BR
●使用フック/サイズ:ST46#4、ST46#2
●魚種/全長(cm) :75cm5kg、64cm3kg

 

5/13(土)、今回は釣りの先輩と友達3人で磯ヒラ青物を狙いに新規開拓場所へ。

この場所は車を止めて30分以上歩き、最後は崖を降りるという、結構過酷なポイント。

出来ればあまりいきたくない場所ですが、ここは後で記述しますが、俺にとって最高の場所とも言える好ポイントとなりました。

朝、友達と歩き回り釣れそうなトコをランガン。色々回ってると天辺の方から降りれるポイントを見つけ…

崖を下る。

 

最後は岩場を回りながら降り、無事に到着。

 

 

あたり一面にサラシが広がり、奥の岩場ではスーパーナブラ。

ヒラスズキの太いしっぽが周辺に水面からいくつも現れ、メーターはゆうに超えてそうなハマチが飛び回る。

立ち位置とそのナブラが起こっている場所との間には大きな岩。

投げることもできず、ただその光景を呆然と眺めることしかできない。

なぜなら、泳いでその岩を越えようものならたちまち沖へと流される凄まじい流れだったからです。

行くのを諦め、手前のサラシ打ちに集中。

 

まずは、この前釣ったサイレントアサシン99F。

2投目で、ヒット。

流れも加わり中々の重量感。

波があるので、手前まで寄せて楽々ランディング。

 

59192457c07d5

 

すぐにストリンガーにかけ、別の所にキャスト。

手前ではもう反応しなくなり、沖の方を攻めることに。

 

次ルアーは、かっ飛び棒130BR。

サラシが広がるのを待ち、瀬際にピンポイントで入れる。

スロー巻きでステイ。

そして、次に巻いた時にガツンとバイト!

結構遠くだったのでやりとりが大変でしたが、エラ洗いもせず、ようやく手前に差し掛かった時にエラ洗い。

中々の良型。

慎重にやりとりし、波に乗せてランディング。

ぱっと見ランカーサイズ!

それもすぐにストリンガーにかけ、また釣り開始。

 

5919245780f7a

 

その後はアタリもなくなり、ポイントを休ますことにしました。

その頃、ようやく先輩が到着しトークタイム。

自分が不定休なので中々みんなと休みが合わず、久しぶりにこうやって釣りトークするのも楽しい。

 

 

休憩終了し先輩は青物、友達と俺はヒラスズキと別れて釣行開始。

ですが潮止まりのせいか、反応なし。

それからも暗くなる前まで反応はなく、やめようかと思ったら、

朝の場所でスーパーナブラ。

朝よりもやばい。あちらこちらでヒラスズキ、ハマチがベイトを追いかけ、数十匹のカモメが飛び回る。

圧巻。

一か八か、ルアーを岩場の奥に投げると着水と同時にヒット。

岩の間に来るように誘導しましたが、そう上手くは行かず、ダメでした。

そんなこんなで、スーパーナブラを記念に脳裏に焼き付け終了としました。

 

 

当日の釣果は、

75cm、5kgと64cm、3kgの2匹。

59192457bfd5f

 

 

次の釣行も頑張りたいと思います。

TACKLEDATA
ROD:CustomRod英咲9ft
REEL:14ステラ4000HG
LINE:ハードコアX8 1.5号

2017.05.16 09:43 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る