BLOG

2016.12.21

【担当者より】・STX-38 最終サンプル確認

来春発売予定のSTX-38について。出張先のホテルに最終サンプルが届く。

 

1482276229521

 

もう、何度も何度も、魚を釣ったり、ズリあげたり、砂に擦り付けたり、潮水につけっぱなしにしてみたり、アナログなテストを繰り返してきた。

 

1482276371416

 

営業職としても、自身をもって提案したいから納得感が必要なんです。

 

鋭いこと

強いこと

 

このふたつはフックにおいては本道です。
ハリ先の一極が鋭ければ、掛かり、貫通する

 

強ければ、強いまま細く、軽く、できる

ハリ先のテーパーもより鋭敏にシェイプされたものにできる。

しかも耐久性が高くなる。

 

錆びに強ければ、そういった初期機能を

いつまでも維持できる

 

求めているものはあくまでもPE時代での実戦力なんです。
ST36や46は長く支持していただけてきた。

担当させていただいた者としては、それはそれで嬉しいことでした。
ですが、それはもう過去のことです。
36や46は、ナイロン時代にデザインしたフック。
PEにはPEに最適のはりがあるはずです。

 

1482276397939

 

STX45も、38も最終的なところまできました。大詰めです。

99%納得ですが、のこりの1%を納得したい。
形の確認も、掛かりも、刺さりも、大体オッケーなんです。

あとは、魚を釣ってから表面処理がどのように推移するか?それだけ確認するだけです。

1482276240323

 

 

話は違うのですが、四日前の日曜日は休みでした。

近所のいつもの防波堤に行って投げてました。
わたしはアホみたいにPE8号でプラグ投げてましたが、なにも起こらず(笑)

跳ねも見えず。
まぁ、この時期に今後も100回通えば何かが起きるでしょうか?

昨年の至近距離を疾走する群れのことがまだ記憶に鮮やかです。
ちなみに、水温が高めなのか

すこし離れたところにいたアングラーは軽量ジグでブリ釣ってました。

1482276409691

こんな時期までつれ続いた年はかつてなかったと思います。

活性もそろそろ、落ちているはずですし絶対的沈下速度の遅い軽いジグがよいのかもしれません。
釣った若い方は、なんと、海釣りはこの日がはじめてだったそうな。

普段はバス釣りをされているとのことでした。
ジグは丸飲みされていて、手慣れた常連アングラーの手助けで無事にランディグ!

寒い中、防波堤のうえはぎゃらりーに囲まれて嬉しそうな笑顔が炸裂してました。
ええ笑顔見せてもらいました。
これでまたひとり青物にどっぷりな人が増えるかも(笑)

2016.12.21 11:13 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2024年2月
S M T W T F S
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

ページトップに戻る