BLOG

2016.12.15

【担当者より】・今日は代筆です

ちょっと今日は代筆です

いま、オーナーばり社内はじわじわと社内ショアジギングブームです。

担当者2こと西浦が、若手社員をこの世界に巧みに勧誘していることが大きな要因(西浦の異常な釣好きが若手に感染。わたしはこれを「西浦ウィルス」と読んでおり、感染するとえらいことです(笑))

先日もこの釣りをはじめてまだ2回目という弊社社員壷井良太(海外営業担当)が魚をつりました。西浦に連れていってもらったそうです。そのときの状況を代筆します。

 

ちなみに会社では壷井はわたしの横に座っています。

吉成「おまえいつ原稿書くねん!」

壷井「いや、魚小さいんで・・」

吉成「なに贅沢なこと言うとんねん!2回目で釣れるいうたらおんのじや。幸せなこっちゃ。釣れた喜び的なレポートはよ書けや」

壷井「でも、あの、文章苦手なんで・」

吉成「知らんがな。写メはあるんか?俺が代筆で書くわ。今日はレポートないし。写メとるから、こっち向いて笑ってみ」
てな感じで、壷井の写メも1枚追加。

1481764206956

 
場所は明石の波止だったそうな。
未明の暗いうちにミノーで太刀魚が二尾釣れたそうで、そのまま釣りつづけていると
夜が明けはじめてすぐ、ナブラが発生。投げてみると、なんと2投めですぐヒット。無我夢中でリールを巻いて
「人生初ツバスでした」とのこと。

IMG_08482

IMG_0849

IMG_0850

 
さてさて、その明石海峡。

すでに、ご存じの方も多いかと思いますが
今年も数日前からあの「黒いダイヤ」が射程に入ってきました。

 

ここ5年くらいはすでに男女や、見島で1尾目を釣った経験をもつアングラーたちが、寒いなかマジタックルで集まる状況になりました。

黒いダイヤに臨む方は万全のタックル、ドラグ設定。万全の足元、安全装備。経験ある万全のランディンクパートナーと、臨んでください。

ゆめゆめ、軽はずみにライトタックルで臨むことがないようにしてください。

メジロやブリなどとは次元が違いますので。
また、隣のアングラーがかけたら、不要なクロスキャストは避け、サポートに回るように余裕ある姿勢を望みたいところです。

2016.12.15 10:22 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2024年6月
S M T W T F S
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

ページトップに戻る