BLOG

2016.11.11

ついにこの時が……

●釣行日    :2016年11月5日
●ポイント(場所):兵庫県香住区柴山
●スタッフ 金川

●使用ルアー/ジグ :ダイビングペンシル
●使用フック/サイズ:ST-66 3/0
●魚種/全長(cm) :ヒラマサ 75cm

 
こんにちは。
スタッフの金川です。

ショアジギングを始めて3年。
私にとってヒラマサを釣るというのは、第1の目標であり、壁でした。
今年は、ヒラマサが好調ということもあり、「今年こそは!!」の思いで日本海の方へ幾度もアタック。

しかし、現状はほぼ1ヶ月天候に恵まれず、海は大荒れ、行きたいフィールドに立てずにいました。

そんな中、ある日週末の天気予報を調べてみると、なかなか良さげな予報。

今回もダメもとで渡船を予約。
単独釣行ということもあり、選んだのはある程度行きなれた柴山の沖磯。

前日の出船確認……返事は出船可能とのこと!
期待に胸を踊らせ、担当者2さんに相談。
 
翌日午前6時、少しポイントの変更を船長にお願いし、いざ出船!

磯に到着し、ひとまずダイビングペンシルをセット。

時間は午前7時前……

作戦通り、普段打たない水道側にキャスト。
すると、2投目のほぼ回収間際、「ジュポッッ!」っと予期せぬバイト!
合わせを入れ、ほぼ息を止めゴリ巻き。
フックのかかりどころを見ると、不運にもボディに刺さってます。
バレそうだなぁと思いながら抜き上げると……
「ボテッ、ベチベチ、ポチャン……」
寸前のところでやはりバラしてしまいました(泣)
 
しかし、魚はいる!

気持ちを切り替えて、息を整えながら投げます。
するとまたしてもバイトが!
しかし、焦ってる私は魚が鈎にかかりきる前に合わせてしまい、すっぽ抜け×3回。

毎投のごとく、出るのですがかけることが出来ません。
 
次の4発目。

長めに間をとり、合わせを入れると見事フッキング!
またしても息を止め、ゴリ巻きファイト。
今回はしっかり口に鈎がかかっているのを確認。
手前で少し走られ焦りましたが、ついにキャッチ!!

a

b
75cmのヒラマサでした。

ついにヒラマサが釣れたことに喜びを感じながら息を整え、再度投げますがそれからは当たりが続かず。

沖の方を見ると、鳥山があり、ボイルしているようだったのでジグで狙ってみますが届かず。

それからは、1度バイトはあったものの、ジグにも反応はなく、体も辛かったので午後2時に納竿としました。
 
今回、目標であったヒラマサを釣ることが出来たのは前日にポイントレクチャーをして下さり、いつもアドバイスを下さる担当者2さん。
そして、急なポイント変更にも応じてくれた船長さん。
そして、こんな恵まれた天候の日に、釣りが出来たことに感謝です。

c

単独でしたので、磯での写真は撮れず(泣)

d
隣におられた方もしっかりキャッチしておられました。
やはり、結構思いつきで釣りに行く方が良い結果が出ます(笑)
まずポイントへ何度も足を運ぶことが大切だと痛感しました。
これでやっと第1歩が踏み出せたので、これからもより一層色々なポイントへ釣りに行きたいと思います!

2016.11.11 10:00 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る