BLOG

2016.07.01

連日のブリ系釣果

●釣行日    :2016年6月29日
●ポイント(場所):北海道積丹半島
撃投モニター 千葉栄治

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ105g ブルピン、エッジバーンシルバー 撃投エアロ95g ディープパープル 撃投レベル ピンクグロー
●使用フック/サイズ:ジガーミディアムロック6/0
●魚種/全長(cm) :ハマチ 65~70cm
●タックル   :
ゼナック ミュートスアキュラ 100HH
シマノ  ツインパワー09SW12000HG
カルティバ 撃投PEフラッシュ 3号
リーダー フロロ14号

 

釣りができる日には連日ブリ系の釣果が出ている北海道日本海沿岸。

ブリ系はすでにオホーツク海へ到達し、北海道のほとんどの海岸で狙うことができるようになってきました。

 

この日は小潮、べた凪ながらも午前中の潮の流れと風が同じ向きになるポイントを選択。

 

単独釣行でちょうど明け方が潮どまりなので、明るくなり始めた時間から歩き出し、先行者のいない立ち位置を確保できました。

 

一応朝マズメということもあり、ヒラメも意識しながらジグをキャストし続けますが、それらしい反応を得ることはできません。

パイロットジグの撃投105gで潮の動きを探りますが引き抵抗も軽く、潮の流れがはっきりとするまでちょっと小休止。

 

べた凪ということもありウニ漁の磯船も盛んに量を繰り返しています。これも北海道の夏の風物詩。ウニ漁の様子を見ながら休憩しておにぎりをほおばります。
1時間ほど休憩して周囲を見渡し、はるか沖にナブラ鳥山を発見

 

磯がはっきりし始めたと認識し、ジグでのキャストを再開します。

目の前はそうでもないけれど、沖は底から潮が動き始めた様子。

天気予報によると、風向きも変わってくるはずなので、ここからあげどまりまでがチャンスを集中してキャストを続けます。

 

撃投105gで沖の潮目を集中的に狙い、2本を連続キャッチ。サイズは先週よりもサイズダウン。

????????

????????

太陽が完全に上り、日差しが強くなってきたタイミングで、気になっていた新色ディープパープルの撃投エアロに変更。

ぎらぎらさせるのではなく、シルエットをはっきりさせるイメージで

強くなってきた潮の流れの中層を探ります。

 

着底後強めにジャークしてサイドに飛ばし、後は中層まで時折誘いを入れながらのただ巻パターンで3本を連続ヒット。

????????

 

これが正解だったのかどうかはわかりませんが、このカラーリングを見たときにイメージしたとおりにヒットに持ち込むことができ、個人的には満足感のある釣りができました。

満足感が得られたところで9時に納竿。

 

ブリ系も魚体は小さいながらも、徐々にコンディションは良くなってきています。サイズアップを狙って釣行したいと思います。

2016.07.01 10:54 | Categories:撃投モニター
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る