BLOG

2016.05.17

愛媛の鉄人トカラに行ってみる

●釣行日   :4月26日27日
●釣行エリア :トカラ列島 口之島
フィールドテスター 堀 有宏

●使用ルアー/ジグ :
●使用フック/サイズ:STX68-5/0
●魚種/全長(cm) :スマガツオ、カスミアジ

橋本氏には、幾度となく愛媛に誘って頂いてたので、今度はお返しにとトカラ釣行をお誘いしたところ、「行きます!」と即答いただいた。

4月某日鹿児島中央駅で待ち合わせをし、食事を済ませフェリーに乗り込む。

翌朝5時過ぎに口之島に到着し、タックルの準備を済ませた後渡船に乗り換えニヨン礁を目指す。

 

がしかし、島の最北端の赤瀬を過ぎたとたん、予報をはるか上回る波高にニヨンを断念し、風裏の烏帽子崎に舵を切り替えた。

烏帽子の地方に上がるも、昼までまったくのノーバイト。その後少し風が収まったように思えたので烏帽子のハナレへ、瀬替わりをし再度キャストを始めると橋本氏のペンシルに何かがバイトした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上がってきたのは良型のスマガツオ。

その後私のルアーにもスマがヒットしたのだが、すぐにフックアウトした。

そうこうしているうちに回収の船がやって来てこの日は終了。

 

翌日の半日も昨日と同じ烏帽子のハナレに渡礁した。

前日より風はマシになったものの、雨は相変わらず降り続いていて二人のテンションが下がりぎみだった時、回収間際の橋本氏のペンシルを磯の貴婦人がひったくって行った。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真4

これがまたトカラサイズのカスミアジで、愛媛では見れないサイズに橋本氏もニッコリ!

その後すぐに私のポッパーにいいサイズのGTが出たのだが、残念ながらミスバイトで今回の釣行は終了した。

今回、橋本氏とご一緒させていただいて、鉄人のあだ名は伊達じゃないのを実感した。アプローチは以外と繊細なのだけど、その他は豪快そのもので、6キロ超のカスミアジは、ヒットの30秒後には磯の上に横たわっていたし、特に驚いたのは、とにかくよく寝てよく食べる!磯の上でも雨に打たれながらも熟睡し、晩メシではお代わりを5杯ぐらいし、お腹がいっぱいになると、8時すぎには就寝していた。

翌日その事を橋本氏に問うと、「成長期なんです!」と一言。

橋本健二、50歳にして今なお成長中だそうです・・。

口之島 渡船

海春丸 080-5208-9973

2016.05.17 10:56 | Categories:フィールドテスター
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る