BLOG

2015.12.16

予想道理の赤い魚体

●釣行日   :2015年12月5日
●釣行エリア :長崎県平戸市南部沖磯(宮の浦・高島)
カkルティバフィールドテスター 岡 公一郎

●使用ルアー/ジグ :スミス サラナ125F
●使用フック/サイズ:STX-58#2
●魚種/全長(cm)  : 真鯛(11LB)
●使用ロッド:ZENAQ DEFI BAHN Black Fin DB-S116RG
●使用ライン:ZENAQ ZEKS1.5号 /40LBフロロ

 
時化明けの沖磯へ渡りました。
時化明けということで朝マズメにヒラスズキを狙い、その後は青物を狙うパターンでしたが意外にもサラシが薄くバイトはあるもショートバイトの連続
タックルを青物用に持ち替えトップウォーターで誘い出しますがベイトも小さく、魚が出ても追いが浅い様子でフックアップせず…

午後、潮替わりのタイミングでヒラスズキタックルに持ち替え荒いストラクチャー沿いをミノーで通すとまたしてもショートバイト…
前後のフックを新品に交換し再度トレースすると一気に引っ手繰られ深みに向かってファーストラン。
一瞬ヒラスか!と思いましたが利口な走りかたじゃない為、即コイツだと判断し時間をかけてファイト。
浮き上がってきたのは予想道理の赤い魚体。寄せ波を利用しランディング。

IMGP2966-1
IMGP2976

顎の力が強い為、新品のSTXも一部噛み砕かれていましたが、他のポイントがしっかりホールドしていました。
青物とは違ういいファイトをしてくれました。

IMGP2986-1

2015.12.16 09:13 | Categories:フィールドテスター
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る