BLOG

2015.11.24

今日こそは

●釣行日   :11月17日
●釣行エリア :但馬、浜坂
●氏名    :中野 達也 様

●使用ルアー/ジグ :
●使用フック/サイズ:SJ-41:7/0、撃投PE:4号・磯ハンター15号:4m・ナイロン100lb:4m
●魚種/全長(cm) :ヒラマサ:91cm

 

ようやく休みに海が落ち着いたので久しぶりに磯へ。
今回は浜坂渡船さんにお世話になりました。

但馬では一時トップで大型のヒラマサがあがっていたようでしたがそれも落ち着いた様子、タイミング逃した感もありましたが久しぶりの釣りなので期待します。
6時出船、場所は矢城岬西の奥まった場所にある横に長い地磯、ここには過去3度乗りましたがいい釣果だったことはありません。
しかし実績はある場所、今日こそはと期待します。

18cmのペンシルからスタート。
潮は緩やかに流れ、時折小さなベイトが跳ねるのを確認できます。時折南西の風が強く吹きつけます。
9:30頃、足元から10mほど先でチェイス、モワっと後ろにつきます。その後1回ロングダイブを入れますが大きな波紋がまとわりつきます。
実はここでバイトしたようでしたがこちらに向かっての水中バイトだったため私は気づきませんでした。

油断しました。
食わせのショートジャークを入れるのにロッドをあおろうとした瞬間、突如凄まじい勢いでロッドとラインを一直線にし、ドラグを鳴らして突っ走ります。ロッドを立てることができず、糸を引き出しながら左前方の根に突っ込んで行きます。
これは危険と判断し、ベールを返しフリーで走らせることに。自分も左側へ移動、運よく沖に走っていきます。50mほど走らせたでしょうか、慎重にラインを張りながら何かに触れていないことを確認し再びファイト開始。
なるべく沖で弱らせながらゆっくり寄せてきます。
磯際での数回の締め込みに耐え、同礁者にギャフを打ってもらい見事キャッチ成功。

5651a35ab5ad8

その魚は長さもさることながら見事な体高、みたこともない太さでした。帰宅後のボガグリップ計測ですが91cmでジャスト10kg。まるで丸太のよう、太すぎます。自己記録更新でした。

5651a35ab95ca

最近トリプルでのバラし癖がひどく、この日はSJ41を糸重りで調整したシングルフック仕様でいどみましたが掛かりは抜群でした。
その後も62cmのヒラマサを追加し、バイトの数は12時までで2人で11バイト。他はダメだったようでしたが良い場所に当たり、予定より早くに終了としました。
今年は佐渡で大型ヒラマサに切られまくり悔しい思いはかりでしたが、ラインシステムの見直しから始まり、あの経験があったからこそ今回落ち着いて対処できたのだと思います。悔しい経験は無駄にはなりません。
次はメーターオーバー釣ってみたいですね。

2015.11.24 11:08 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る