BLOG

2015.10.19

自己新記録

●釣行日   :2015/10/17
●釣行エリア :隠岐 島前
●氏名    :佐藤 禎一

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ105g
●使用フック/サイズ:JF-36 5/0
●魚種/全長(cm)  :ヒラマサ(80cm)

先週に引き続き、浜吉丸さんを利用して隠岐へ行ってきました。
船長から、「2時出港だけど、揃い次第出港するから早めに来てください」と言われていたので、0時過ぎ頃には七類に到着。着替えていると、ふいに「おはようございます。浜吉ですか?」と声を掛けられのは、撃投軍団の長、吉成さん!突然の出合いにビックリし、こちらも自己紹介。
聞くと単独釣行とのこと。今回もルアーマンは自分と吉成さんくらいで、あとは底物師さん。予定通り2時頃出船し、隠岐についたのは3時半ごろ。吉成さんは松島のホトケ、自分は大森島のケナシへ渡礁。ゆっくりとタックルを組み、夜が明けるまでエギングしながら待つことに。ケンサキをゲットしたところで、夜が明け始め、島の輪郭がうっすらと見えてきたところで撃投開始。

562379169b3e2

先ずはミノーで磯際を探りますが、この日はウネリもなくサラシもまったくない状態。もちろんノーバイト。一通り探った後はポッパーにチェンジ。ウネリはありませんが潮は動いているようで、海面はウネウネしており、うっすらと潮目も確認できます。これは期待大!とポッピングしまくりましたが・・・
その後ダイビングペンシル⇒シンキングミノーとローテーションしましたが、アタリなく、チェイスもない。もしかして動いているのは上潮だけで肝心の底潮は動いてないのか?と思い、ジグにチェンジし潮の具合を確認することに。

まだ薄暗かったため、最もアピール力の高い(と個人的には思ってます)ピンクグローを選択。軽くキャストしてボトムを取り、先ずはワンピッチで巻いていると非常に重い。底潮はゆっくりと動いているようで、ジグが潮に噛む感覚が伝わってきます。こりゃ期待大だ!と今度はフルキャスト。
潮は激流というわけではなく、ゆっくりと、ただズッシリと動いており、1ジャーク1ジャークが重い。そんな状況の中数投目。3回目の着底からジャカジャカで底を切り、アピール重視でスライドを意識したロングジャークの3回目、ジャーク終わりにズシっとアタリ!カウンター気味に入ったため、そのまま追い合わせを入れて暫く耐えていると先週とおなじくらいの手応え。隙を見てロッドエンドを足の付根に当て、ファイト体制に移り、さらに追い合わせを入れます。
足場から20mくらいと比較的近かったため、一気に浮かせにかかります。もうすぐ魚体が見えるかな?というあたりで、比較的おとなしかった相手が豹変し、物凄い力で下へ下へ走り始めます!
先週は出なかったドラグが時折チリチリと出され、ここで相手は自分の想定よりも大分手強いことに気づき、焦ります!
既に向こうの得意な磯際での接近戦に移行していたため、シモリに入られないようロッドパワーで頭をオープンエリアに向け続けながら距離をさらに詰めていると、白い腹を見せながら相手が浮いてきた!尾鰭で水面を叩くまで浮いたところで、ロッドで溜めて一気にズリ上げ。

562379169bba4

足場の手前にある小さい溝に一旦上げ、その後リーダーを掴んで後ろにある一回り大きな溝に引きずり上げてゲームセット。自分の予想を上回る80cm!自己新記録でした。

562379169c37b

ロックはヒラマサの口内から固い鼻の部分を外向きにカエシまでしっかり貫いており、もちろん手では外せず、プライヤーでやっとこすっとこ外しました。ロックは抜くのが本当にしんどいハリですね!(もちろん良い意味で!)
この時まだ午前7時。ヒラマサを〆てロープに繋いで血抜きしている間に次を狙ってジグをキャスト・・・するもののアタリなく、休憩も兼ねてヒラマサをクーラーに入れようとしたところで、問題発生。クーラーに入らん・・・27リットルのクーラにはどう曲げても入らない。泣く泣く尻尾のちょい前を切断し、ようやく収納。
が、もう一匹釣れたら確実に入らん状況・・・満足感も手伝ってか、船長に電話して日帰りに変更して貰いました。

昼の回収まで投げ続けましたが、クーラーに入るか?という邪念が災いしたのか、潮は徐々に速度を増し激流に、且つ風が強くなるというしんどい状況に変貌。もちろんその後は回収時間までノーバイト。納竿となりました。

大森島の自分を回収後、船は吉成さんの待つ松島のホトケへ舳先を向け、大森島を抜けると結構ウネリがありビックリ。何度か瀬つけし直しながら吉成さんの荷物を受け取りましたが、落としたらシャレにならん!とヒヤヒヤものでした(笑)
船上でお互いの戦果を報告し合うと、吉成さんもホトケで良い釣果を上げられたとのこと。その辺の詳細は、ご本人の報告を待つということで、ここでは敢えて割愛します(笑)

七類に戻ってからは、ここぞとばかりに質問攻撃。どの質問にも丁寧に解答して頂きありがとうございました。アシストフック作成に生かさせて頂きます!またどっかで合ったら釣りしましょう!
船長、今度は大きいクーラー持って行きまーす!

2015.10.19 10:31 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年2月
S M T W T F S
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ページトップに戻る