BLOG

2015.10.09

大事なタックルバランス

●釣行日   :10月1日
●釣行エリア :千葉県 外房
撃投モニター 大野

●使用ルアー/ジグ :パープルイズム ジュロク150F
●使用フック/サイズ:STX-58 2/0
●魚種/全長(cm) :ヒラマサ102cm 8.6キロ
●タックル    :
ロッド:MCワークス レイジングブル98XS-2
リール:シマノ ステラSW14000XG
ライン:カルティバ 撃投PEフラッシュ 5号
リーダー:デュエル CNパワーリーダー 130lb

 

こんにちは、撃投モニター大野です
毎週台風ができては波浪予想を気にして予定を立てていますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
担当者・吉成さんより「勘弁してくれ」との事ですが、せっかくの釣果を投稿しない訳にもいかず。。。遠慮しながら投稿させて頂きます^^

前回エクストリームな一本を手にして満足していましたが、最近ショアマサに目覚めた親友からベタ凪でトップの練習したい!と誘いがあり外房へ出撃
釣り場入口には誰もおらず、のんびりとエントリーして夜明けを待ちます
明るくなると同時に左右に分かれキャスト開始、風はほぼ無風で波もなく絶好のトップ日和です

ほどなくすると期待どおり、アジを追った良型ヒラマサが回ってきてボイルが起こります
やや遠目ながらボイルを目がけてジュロクをフルキャスト、抜群の飛距離ですがわずかに届かず。。。

そこで魚が気づくように派手にロングポップさせるとすぐにルアーに魚がついたのが見えました
間をおかず食わせのドッグウォークを入れると絵に描いたように水面炸裂!
テンションを感じてからガッチリとフッキングして速攻ポンピング、遠いのでなんとか頭をこちらに向けさせます

すんなりと寄ってきたので「たいして大きくないよ~」と親友に声をかけましたが、魚体を見ると意外に大きい(汗)

相手も磯際に寄ってから激しく抵抗、何度も強烈な突込みを見せます
しかしこの日のタックルはいつもよりパワフル、こちらも負けじとフルパワーでねじ伏せ浮かせます
波がないのでランディングは苦労しましたが、何とか磯にズリ上げ成功

5616ae429c800
5616ae429cfc1

ジュロク生みの親・赤木さんと担当者・吉成さんのアツい期待?に応える事ができた嬉しいメーター超でした!

ランディングしてみると、テールフックはリングから飛んでしまい、べりー側もリングが伸びていてギリギリ繋がっていました
♯6スプリットリングで大丈夫だろうとセッティングしてましたが、弱い部分に負荷が集中してしまいますね
あらためてタックルバランスの大事さとヒラマサのパワーを実感させられ、運よく獲れた一本となりました

5616ae429d799

この日はダメだった親友も後日7キロ超をキャッチできましたし、この秋の外房は期待できそうです
秋の青物シーズン、皆様もよい釣りをされてください

2015.10.09 09:46 | Categories:撃投モニター
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る