BLOG

2022.10.06

318・サイズ以上に記憶に残る一匹

  • 釣行日:2022年9月30日
  • ポイント(場所):山口県萩市
  • お名前:京スケ
  • 使用ルアー/ジグ:ラピード190、ストライク85g、エアロ60g
  • 使用フック/サイズ:ST56-3/0、JMロックアシスト5/0
  • 魚種/全長(cm):ヒラマサ75cm、ネリゴ30cm

 

 

陸も海もたいぶ秋めいて来ましたが、

ようやく今シーズン初キャッチとなりました。

 

船長の「最近上向きやけ」に期待しつつ、

トップから始めていくと3投目で応えてくれました。

元気な個体でしたが、釣行前フック交換してたこともあり

ガッツリ貫通。主導権を渡さずにキャッチできました。

 

個人的に印象に残ったのは、

朝一獲ったヒラマサよりもずっと小さいネリゴの方です。

このネリゴは朝一のヒラマサを掛けてから6時間後のキャッチでした。

 

思い返すと今まで獲った青物は、朝マズメやボイルが見えている状況で

誰もがチャンスタイムと思える環境でのキャッチでした。

 

青物は朝マズメ勝負、と思い込みがあったのか

意識的ではないにしろ、朝マズメ以降はどこか集中してない。

あるいは諦め半分の惰性釣法で、

ついてるジグを同じコースに同じピッチで。。。だったのかもしれません。

 

今回は、プラグ含めたローテーション、トレースコース、巻き/ピッチなど

見える情報と感触で海況を想像しつつ、有効なアプローチを探索することに

集中していたら時間が経っていた。

それに小さいながらネリゴが応えてくれた、で

サイズ以上に記憶に残る一匹となりました。

やっぱり投げ続けること、

次の1匹に没頭することが大切ですね。

2022.10.06 09:41 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年2月
S M T W T F S
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ページトップに戻る