BLOG

2022.10.06

314・秋のヒラマサチャレンジ第一回

 

  • 釣行日:2022年10月1日
  • ポイント(場所):隠岐 西ノ島 松尾丸
  • お名前:マツモト
  • 使用ルアー/ジグ:レイドバック85g タイドグリーングロー
  • 使用フック/サイズ:ファイアツイン4/0
  • 魚種/全長(cm):沖サワラ/91cm メジロ/67cm メジロ/61cm イサギ ヨコスジフエダイ

 

 

 

 

レイドバックは隠岐でデビュー戦と決めていました。

結論

潮の緩いタイミング魚種問わず無双です。

あとよく飛びます。

 

自分の使い方になります。

満潮や干潮の潮が緩くなるタイミングで使用。

出来るだけ海面の変化や地形変化があるポイントへ、キャストから着底までは他のジグと一緒です。

ここから、緩急をつけながらのただ巻き+ジグを振るわせる動き。ジグがブルっブルって感じで。なのでシャクル動作は不要。

シンペンよりも繊細な感じです。

群れから逸れ弱りながら1匹だけ泳いでる小魚を演出するイメージで使いました。

巻きが重くなる場所があるので前後でフリーやテンションフォールを織り交ぜながら出来るだけ重くなるレンジをキープ。

磯際で巻きが重くなる事も多くバイトも多発。

結果8バイト5キャッチと楽しめました。

あとしゃくらないのでラクです。

しゃくるのが生きがいの方にはこの足りないかもしれないです。

 

今まで反応させれなかった魚がこんなに居たんだと実感しました。

今回はカラーローテしなかったので次回(2週間後)は試してみます。

 

本命ヒラマサについて、

自分はノーキャッチ。

同行者がライバル社のジグで小政キャッチ。

さらに朝まずめトップで過去一どデカい水柱!

泡に一発出てから沈黙、でした。

 

今回も良い勉強が出来ました。

レイドバックの使い所と使い方。

ヒラマサが居る場所。

 

次は絶対仕留めます!

 

2022.10.06 09:11 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る