BLOG

2022.09.06

【担当者より】・本日のレポートへ

おつかれさまです。
いつもレポートありがとうございます!!
本日も釣りばりセールスマンしてる担当者です。
これはコンビニ前にコーヒー飲みつつで書かせてもらってます

 

●本日レポートくださった
バラン・スボールさん
sayamaruさん
イエティさん

 

共通キーワードは「激流攻略」ですね。
いい響きですね。流れが強くなると変化が生まれ、その変化はベイトや青物を刺激してくれます。アングラーも集中力が増し、状況を予測することがたまらなくワクワクする釣りになりますね。
日本海、東北(イエティさんはエリアの詳細なレポートくれてますし)、明石海峡と、場所は違うものの激流は水中操作イメージを奥深いものにしてくれるのは皆様のレポートからもひしひし伝わってきますね。

 

●イエティさんの文中に、レベルに変えて「水平フォールへ移行を意識」しての浅掛かりの記述をいただいてます。これに関して少し書かせていただきます。

レベルはスラッグをだしたフリーフォールさせると、その特性上イナズマのようなフォール軌跡を描きます。それこそがレベルの持ち味なのですが、時として浅かかりが発生します。
もし浅掛かりが頻発するのなら、レベルのフォール時に若干微弱なラインテンションをくわえて、イナズを緩やかにしてあごると、ミスバイトが減少することもあります。

 

●通常の青物の活性ならば、フリーフォールのレベルでもフックは呑み込んでくれますが、少し活性が鈍いときは浅掛かりが出てきますね。
ほんのすこしだけテンションフォール。ごくごくわずかでいいのですが、それだけで変わることを経験しています。

 

●直下に(イナズマせずに)フォールするストライク、イレギュラーな擊投ノーマル、ゆらゆら前後揺れのウルトラスロー、尻からスライスしていくエアロ、フォールに惹かれるのが青物のサガですから、そこをうまくアジャストしていく奥深さも残されていますね。

 

●ほんと、皆さん読みごたえのレポートありがとうございます。
本日の三人様には、たまたま久しぶりに巻いていた100~130㌘に合わせる吉成巻きを衝動的にプレゼントさせていただきます。
たまたま自分用に作っていた4/0ツインです。通常設定よりも若干短いので、100㌘か、105にぴったりな4/0です。リングつけて根巻き部分コートして仕上げます。お届けまで数日いただきますがよろしければお使いください。またレポートお待ちしています。

2022.09.06 13:01 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年9月
S M T W T F S
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

ページトップに戻る