BLOG

2022.08.20

221・表層をただ巻きしていたところ、「ビビビ」とバイト!

  • 釣行日:2022年8月14日
  • ポイント(場所):福岡県宗像大島地磯 カベ瀬
  • お名前:山本電機S
  • 使用ルアー/ジグ:撃投ジグ レベルエアロ
  • 使用フック/サイズ:ジガーミディアムロック 5/0
  • 魚種/全長(cm):ネリゴ 30cm弱

 

 

耐えがたい暑さの為、夕マズメと朝マヅメの時間帯に絞り、いつもの宗像大島へ泊りで釣行してきました。

 

夕方5時頃から釣りをスタート。

海況は天気予報どうり(波高1.5m)の感じで、瀬際には厚くはないサラシが出ています。

レベル60gにロック5/0をセットし、ボトムから表層近くまで、ひたすらワンピッチジャーク!

6時15分頃、ルアー回収の為に表層をただ巻きしていたところ、「ビビビ」とバイト!

難なく上がってきたのは、可愛らしいサイズのネリゴでした。

魚を地面に置いた瞬間にフックが外れたので、刺さり方は確認できず。

急いで写真を撮り、リリースしました。

「ファイアフックツインなら外れないのかな~」とも思いましたが、保守的な私はロックを使い続けます。

余談ですが、黒地の包装紙もお気に入りです。

 

イノシシと遭遇すると怖いので、暗くなる前に納竿し明日に備えます。

翌朝は、午前5時過ぎから釣りをスタートしました。海況は、前日と殆ど同じです。

暑い中11時頃迄粘りましたが、体力の限界を感じ、ヤズ(30cm程度)1匹のみで終了となりました。

ワンピッチジャークでもフッキングしない弱弱しいバイトが数回あり、恐らく30cm弱クラスの青物・イサキではないでしょうか?

良型サワラに切断されて以降、フロントフックにはザイロン50号を使っていますが、最近サワラを見かけないので、T・P・Fishに合わせて細くした方が良いのかもしれませんね。

 

次回は、持って帰れる美味しい魚を釣りたい・・・。

2022.08.20 09:18 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年2月
S M T W T F S
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

ページトップに戻る