BLOG

2022.07.22

182・ひたすら投げ続けました

 

 

 

今回は和歌山沖磯単独釣行でした。

 

午前中からナブラ等の目に見える状況把握は無い状態でしたがひたすら投げ続けました。

 

昼前に撃投ストライクをボトムからハイピッチととスロージャークを混ぜながらしゃくっていると中層付近でヒット。

ずり上げのランディング直前の足元でおそらく口切れでフックアウトしました。

 

射程圏内でジェットスキー3台がグルグル回ってるので昼休憩(笑)

愛妻おにぎりでパワーチャージ後の午後1時。

薄い雲に日差しが若干差してる状況だった為、アピール重視のトップを投げることに。

 

するといきなり青物のヘディングかダイレクトボレーシュートでトッププラグが弾き飛ばされました。

少しでも針がかりしてるとスレる可能性がありますが、飛ばされただけなので期待を込めてすぐ同じとこを通したところを今度はしっかりバコッと喰ってくれました。

 

サイズこそあまり伸びませんでしたが丸々と太ったヤズくんでした。

炎天下の中、朝から投げ続けたかいがあり嬉しい一本でした。

2022.07.22 09:08 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る