BLOG

2022.07.05

152・同じ志を持つ釣友との遠征は最高です

  • 釣行日:2022年6月18日
  • ポイント(場所):日本海 沖磯
  • お名前:キムチ納豆
  • 使用ルアー/ジグ:ダイビングペンシル170~250
  • 使用フック/サイズ:ST-66 2/0~3/0
  • 魚種/全長(cm):なし

 

 

自分は釣れませんでしたが、毎年恒例の遠征に釣友と行ってきたのでレポートします。

 

一日目

移動の都合で午後から渡船で沖磯へ

この沖磯へ向かう時が一番ワクワクします。

トップをひたすら投げ倒し、三時間後位に待望のバイト。一瞬、重くなりましたが、フックに触れたのみでフッキングせず。結局、この日は、このワンバイトのみで終了。

 

二日目

4時渡船開始。前日、魚の手応えを感じたのでさらに沖に出た磯をリクエスト。

今日は帰りの都合もあるので10時回収とのこと。ひたすら、今日もトップメインで投げ倒しますが、自分には反応無し。

刻々と回収時刻が近づき、回収30分くらい前には、心が折れかけて流れ作業のようにキャストし続けていたところ釣友が「出た」と歓喜の声が聞こえ、釣友の方に目をやるとまだフッキングはしてないもののルアーの後ろがモヤモヤしておりチェイスしているのが丸見え。3~4回位ダイブさせたころ、ようやくフッキング。

 

すかさず自分もタックルを置き、ギャフを持って駆けつけるとすでに魚はぶっこ抜かれて、宙を舞ってました。

 

あの宙を舞ってる際のキレイなイエローラインが忘れられません。

結局、一泊二日で魚からの反応は少ない釣行でしたが、同じ志を持つ釣友との遠征は最高です。

 

次こそは自分の釣過で投稿したいです。

 

2022.07.05 09:15 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る