BLOG

2020.11.20

【担当者より】・ 本日のレポートに

ニンジャアングラー様

 

東北の各地区をレポートありがとうございます。
自分もまだ東北でやったことがなく、どんな景色のなかでの釣りなのか、一度やってみたいと感じています。

 

ご師匠さんがイエティさんなんですね。

 

ほぼ登山?のような辛抱づよい地磯開拓、の雰囲気が伝わって来ます。まさに忍者っすね。
ところで、釣りだけじゃなく道中の様子もありがとうございます。
拝読して、さっそく東北地区営業担当者に60~80gのニーズに関して打電しました。今後は弊社営業も営業意識強化(?)するそうです。

 

ありがとうございます。
よろしくお願いします

 

【新製品について】

・プライヤストッカーを3タイプリリースしました。

①シンプル、②ホールド、③ロックショアという3タイプでのラインナップされています。

6657

6658

ここをお読みの皆様には
ロックショアモデルをお薦めします。ロックショアモデルのみロゴは「撃投」です。
これもちょっと控えめにシークレットタイプのロゴになっております。

 

 

製品動画も撮りました。サラッとと話させていただきましたが、よろしければご覧下さい。


この製品の背景なんですけど

 

工具用だったり、ライトゲーム用だったり
自分もいままでずいぶん多くのプライヤーケースを使用してきましたが
満足のいくものが残念ながら出会うことができておらず

 

それらのストレスを解消したくて、想定コストのなかで最大級に実現したモデルです。

 

・「後付け後外しがすぐできる(ベルトに通すタイプでないこと)」←個人的にココは絶対です。

・10センチくらいの幅広ベルトに装着できること。

・装着後のぐらつきが少ないこと。(ライジャケのサイドストラップなど)

・素材がタフであり速乾。そのままプライヤごと、ざっくり真水で洗った後なども速乾しやすいエア設定であること。

・もちろん縫製も強力であること。

6656

6659

6660

6661

などなど、説明し始めるとキリがなく、それらのことは
ぜひ店頭でお手に取って、細部までチェックください。

実際に触って確認いただけるよう露出タイプのパッケージにさせていただいております。

 

 

2020.11.20 15:15 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る