BLOG

2020.10.02

【担当者より】・単に収納力を求めるのではなく

さて一年でも最も心地よく釣りができるシーズンですね。

青い空の下で爽快に

 

12月に発売を予定しているのは、撃投ロッドプロテクター

の新型です。サブ収納スペースを大小2か所に設けているのが特徴です。

 

沖磯ではいろんなことが起こります。

天候急変での慌ただしい撤収などは、もうつきものですから

スピーディーに収納できることは重要です。

またスピーディーにさっと取り出せることも肝要です。

レインウェアの上下は、綺麗にたためば上下とも収納できます。

 

 

収納スペースがサブであることこれはロッド一緒にしたくないものを

収納するために大事ですね。

たとえば瀬泊りで、夜アラ釣りをする方などは小型ならアラ用板バネなどを収納できる

容量を想定ています。ロッドと一緒に入れるのはロッドの傷付きなどの面からもイヤですよね。

 

外付け収納スペースですからその心配Aはありません。

 

画像は現行ロッドプロテクター(担当者私物)と新型を並べてみました。比較としてご覧ください。

1601607012562

1601607011271

まだ完成度としては80パーセントくらい。

12月発売時には収納スペースの厚みが画像のものよりもあと25mm増え、ラゲッジ機能は少し

拡大したものになりますし、エッジのプロテクトも強化します。

 

このご紹介を発売3か月前にさせていただいているのは

 

現行ロッドプロテクターを引き続き継続販売しつつの、新型追加となりますので

現行品を検討されてくださっているかたには、選択肢として新しい

タイプと、ざっと比較し、使用用途にマッチした方を選択いただけるのでは?

と、いうことでお知らせしておきます。

 

 

必要なものは追加していきますし

必要な修正は現行品にも積極的に施してまいりますんでよろしくお願いいたします。

 

 

なを、色は

 

地味でシンプルな、ブラック×ブラックと

ややミリタリーテイストの ブラック×ハンターグリーン(画像にはなし)の2色を予定しており

 

画像サンプルのブラック×ホワイトの予定はございません。

 

ご参照までに。

 

この秋は新製品予告や、改良予告が増えそうです。

これも早めにお伝えしますんで、よろしくお願いします。

 

 

 

担当者より

 

2020.10.02 11:53 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る