BLOG

2020.07.06

撃投キャスティングアンダーシャツ2の使用感

●釣行日:2020年7月5日
●ポイント(場所):愛媛県某地磯
●お名前:マコさん
●使用アイテム : 撃投キャスティングアンダーシャツ2 Mサイズ
●魚種/全長(cm)無し

 
オーナー・カルティバ製品モニターをさせて頂いておりますマコと申します。

前回の投稿で撃投トラベラーロッドキャリーのレポートを書かせて頂きましたが、今回はこちらの製品をレポートさせて頂きます。

 

撃投キャスティングアンダーシャツ2

8331173095f01ea9402fb6

 

こちらのアンダーシャツ、まず見た目が撃投のロゴが手首と背中にプリントされているのがパッと目に入ってきてアピール度満点で釣り人の心躍らせちゃうとてもカッコ良いアンダーシャツとなってます。

 

16200266205f01ea940deb9
なので見た目だけでも欲しいって思われる方も少なくないと思いますが、実際に使ってみたいけど着心地とかどうなの?って、やっぱそこが1番気になるところだと思います。

防寒着、レインウェアも含めフィッシングウェアって快適に釣りする上でとても重要なアイテム。

中でも特に直接肌に着るアンダーシャツは素材、着心地等、快適さを強く求めるところだと思います。

 

これからの季節は気温も高くなってきますし、真夏の炎天下での釣りは体温の上昇と共に体力の消耗が激しく注意力が散漫になりがちで、釣りに集中する事がなかなか困難になってくると思います。

夏場に限らず年中通して快適に釣りをするという事は集中力も長く持続する事が出来ますし、自ずとそれが釣果に繋がっていく事にもなると思います。

それだけウェアの快適さは釣りする上でとても重要で特にアンダーシャツには拘りたいところです。

 

以上の事を踏まえ、今回レポートさせて頂く撃投キャスティングアンダーシャツ2が果たしてしっかりと快適さを感じることが出来るのかどうか。

 

実際に使用して感じた事をお伝えさせ頂きたいと思います。

 

まず私がアンダーシャツを選ぶ時のポイントは次の通りです。

1.フィット感(着心地)
2.肌触り
3.吸汗速乾性
4.耐久性
5.カッコ良さ

この辺りを基準に自分に合ったアンダーシャツを選んでます。

 

早速、先日のロックショア釣行で実際に撃投キャスティングアンダーシャツ2を着て釣りをしてみました。

その日は雨上がりで太陽が出ててかなり蒸し暑い日でした。

 

今回はジョンタイプのウェットスーツに撃投キャスティングアンダーシャツ2というスタイルで磯ヒラスズキを狙いに。

まず、アンダーシャツを着てみて思ったのが、生地が凄くシルキー素材で肌触り滑らかで着心地が良く快適。

そして、ペラペラの生地ではなくある程度しっかりとした生地を使用させているのが良かったです。

 

ペラペラの生地は通気性は良いかもしれませんが、数回使うとすぐ伸びてしまうし破れやすく釣りにはあまり向かないと思います。

耐久性の面でもかなり期待していいかと思います。

まだ数回しか使ってないので、今後検証していきたいと思います。

 

あと、首元にはチャックが付いてて胸元が開閉式になってました。

 

14593550175f01eaf909bc5

 

これが後に非常に助かるポイントになる事になるのですが、まだ釣りの準備をしている段階ではそれに気付いてませんでした。

脇の部分は広範囲にメッシュ生地が使われているので、放熱性の面でかなり期待が出来るポイントになると思います。

 

16212397425f01ea940a7d4

 

 

私は体が小さいのでMサイズを選ばせて頂き、実際に来てみると全体的にゆったりめに作られてました。

通常のアンダーシャツって体にピッタリしてるタイプが多いですが、常に体全体をアンダーシャツで圧迫しているとこれが意外と体に負担になってたりして疲れやすかったりします。

特にルアーフィッシングでは常にロッドを振る動作を行うわけですが、肩まわりがウェアで圧迫されていると正直しんどい。

 

少しのゆとりがあるだけで数段快適さが増します。

このゆとりですが、肩から肘にかけて上腕部はゆとりがある方が良いですが肘から手首にかけて前腕部はしっかり圧迫されている方が釣りには向いていると思いますが、そこはさすがしっかりと釣り人目線でバッチリ作り上げられてます。

 

1日中ロッドを振り続けていると肩まわりに疲労物質が溜まり熱っぽくなってきますが、脇のメッシュ生地と肩まわりのゆとりと吸汗速乾性の素材のおかげで熱がこもらず上手く放熱してくれるので、快適に釣りが出来て集中力も長く持続させることが出来るのが凄く助かります。

 

 

あと、首元のチャックが想像以上に快適さを感じさせてくれました。

首元がチャックで大きく開くとめちゃくちゃ涼しくて、開け閉めする事で体温調節を広い範囲でカバーしてくれるのが良かったです。

 

首元は少し襟があるような形状になってますが、ここも良く考えてあるなぁ!って感心しちゃいました。

釣りする際に必ずライフジャケットを着用しますが、この少しの襟がある事で直接ライフジャケットが首に干渉せず首元のスレを軽減してくれてます。

パッケージにはUVカットが施してあると記載されてましたので、夏の日差しから体を守ってくれるのも嬉しいですね。

 

手首にプリントされている撃投の文字が釣りしている最中、常に釣り人の目線に入ってきてテンションを盛り上げてくれますよ。

DCIM100MEDIADJI_0577.JPG

 

実際に使ってみてトータルバランス良いアンダーシャツだと思いましたし、これに関してはマイナス面が今の段階では思いつきませんでしたので、これから色々なシチュエーションの釣りで検証していってみたいと思います。
これから暑くなってくる季節を快適に釣りする事が肝になってくると思います。

まずは肌に直接着るアンダーシャツに快適さを求めてみてはいかがでしょうか。

実際に着てみるとその良さを体感出来ると思います。

 

2020.07.06 09:44 | Categories:撃投モニター
back
index

ページトップに戻る