BLOG

2019.10.11

まだ正解ではないようです。

●釣行日:2019年10月8日
●ポイント(場所):対馬 梅乃宿さん
●お名前:ガドリー

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ125g ストライク125g
●使用フック/サイズ:ロック9/0 7/0
●魚種/全長(cm):ヒラマサ

 

今年初、長崎県対馬梅乃宿さんにお世話になってきました。
梅乃宿さん、相変わらずサービス満点の渡船屋さんです。
ここに来ると気持ちよく釣りが出来るので、釣果云々は関係なくなってしまいます。

 

海況は5㎝程のイワシが磯際に群れており、大きいサイズのダイペンにはちょっかいを掛けるのみでヒットまでに至りません。
昨年は同状況で、クリアカラーのダイペンには当たりましたが今年の魚達は人間より上手のようです。
ベイトサイズに合わせたタックルも考えましたが、大概、ライトタックルでデカマサが掛かる→ラインのブレイクのパターンなのでヘビータックルでできる事を模索します。

潮も効いて来たため、シルエットがぼけそうなグリーンの撃投ジグ125gを投入したところ、何とか魚に口を使わすことができました。
中々のサイズのヒラマサでしたが、フックは下あご、外側に掛かっており、まだ、正解ではないようです。

DSC_0032

 

その後、手持ちのジグで更にシルエットがぼけそうなカラーを試すもスマカツオ、60㎝程のコマサが追加されたのみ。

DSC_0029

 

翌日、ダイペンで6㎏ほどヒラマサを2本掛けるも、やる気無しのちょっぼっとしたバイトで掛かりが浅く、足元でフックアウト。
小さいベイトについた魚に苦労した釣行でした。

余談ですが、梅乃宿さんの弁当、お米が最高に美味しいです。なにやら新潟から取り寄せているとか。
対馬釣行での楽しみの一つとなっています。

DSC_0042

また、時間を作り梅乃宿さんにお世話になり、日頃のストレスを発散させたいと思います。

2019.10.11 11:37 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る