BLOG

2019.08.22

【担当者より】・ヤバイご提案をいただきました (*_*)

いつも撃投サイトを楽しんで
くださる皆様本当にありがとうございます。
レポートくださる皆様には
特にありがとうございます(*´∇`*)

さて、実は弊社撃投テスターを
つとめてくれている橋本健二さん
よりすごく嬉しいご提案をいただき
ました。

 

★ ヤバイ提案とは ★

なんと、橋本さんが手掛ける
ティンバーを数本
撃投サイトの年末あみだくじ用に
プレゼントしてくださるそうです。

しかもなんと、撃投ロゴ入り
しかも、さらに、さらに、
撃投限定カラーだとのこと。

いや、さすがにそれは
申し訳ないので、弊社でちゃんと
購入して、プレゼントにしますと
ご提案したんですが、、

あのお顔からもわかるように

橋本さんは 「 が ん こ 」です。
(笑)
プレゼントすると言って譲りません。
ありがたく、プレゼント用に
賜ることにしました。

まだ詳細はよくわからないので
橋本さんにお任せって感じなんです
けども
まぁ、当選された方は
なにがなんでも釣らねばならない
でしょうね。
お魂が籠ってるでしょうから
(笑)

自分も奄美とか、小笠原とか、男女とか、いろんな魚で思い出作ってきた
ルアーです。

逆風のなかでも異常に飛ぶし
白くて濃い~濃い~トンネルバブル
が魚を自然に寄せてくる
パワーはすごいと思うし。

まぁ、橋本さんに感謝ですわ。
(^人^)

 

★ サーフの波口とバーブレス ★

さて、わたしはといえば
なかなか釣りに行けずですが

出張先の静岡や神奈川にて夕方
サーフのジグキャスをちょくちょく
楽しんでます。

夕刻のいっときなんですけど

急深のサーフだから
ジグでマニュアルイメージでで探るのがこれがなかなか
とても面白いです。

サーフ独特のブレイクラインの起伏
水深変化
取り込みのときの緊張。

いろいろ思うことあって
今年は春からすべてのハリを
バーブレスにしています。

17553

ハリの本当の力量がわかります。
ハリのカタチの機能がわかります。

青物にはバーブがばらし防止には
極めて有効なことも
実感しています。

地元明石の釣りでは
なんと直近から逆算して4尾の
魚をすべてバラシています。
うち一尾は、なかなかいいサイズでしたが、、
バーブがばらし防止に有効なことは
もう自分的にははっきり実感してきました。

けど、バラシても、それでいいです。
バーブレスにすれば
ハリの形状による機能差が
はっきりわかって来ました。

机上論とは違う。

 

バラさないために必要なやりとりや
リーダーのクッション効果

どのあたりで寄せてくるか?とか。

バーブを潰す、そのことだけで
得られることは今シーズンすごく
多いです。

明石だけでなく
サーフでは、波口で魚をバラしやすい

それをいかに防ぐか?
それも面白いです。

17554

17555

ついでに言えば、魚は
とても元気に海に帰っていきます。

でかい鯖釣れたときはさすがに
焼いて食いたいなと思いましたが
出張先の夕方だし、持ち帰れない。

手でさわることなく、魚を
火傷させることなく波口で
ポロっと外れてくれるバーブレスは
いまの自分の釣りには、ちょうどいいです。

 

興味があれば、思いきってやってみて
ください。

バーブレスにすれば
新しいなにかが見えてくるかもです。

 

2019.08.22 11:30 | Categories:
back
index

ページトップに戻る