BLOG

2019.07.18

【担当者より】・TGエッジについて

いつも撃投サイトをご覧くださる
皆様、そしてレポートくださる皆様
ありがとうございます。

わたしにとっては
レポートを拝読するのが楽しみ。

今日佐藤さんが寄せてくれたレポートも
夏の隠岐の好景気鮮明にイメージできました。
帰りの温泉の潮抜きとか、たまらん
ですね。

自分は米子のオーシャンさんで
潮抜いて帰ってましたけど
玉造温泉って、行ってみないとなぁ。

佐藤さんのレポート
フックを自作して、チューンした
ブレードジグを楽しんでるご様子。

使用フックの欄を読み込むと、
おーーっ、マニアックなフックを
いろいろ試してらっしゃいますね。

TGエッジに合わせるフックとなると
なかなか難しいですもんね。

 

そのTGエッジについてですが
現在は追加生産はしていません。
理由としては、レアメタル素材でもあり

特にTGエッジは樹脂の混ぜ物が
まったくない、高純度リアルタングステンです。
素材の価格の変動による
供給の不安定感とか、
あるいは
樹脂の混合でない、リアルタングステンであることによる
製作コストの高騰とか、
もう、諦めざるを得ませんでした。

それが本音です。

そんなこんなで、現在TGエッジをお持ち
の方は、どうぞ大切に使ってやってください。

弊社には
在庫もほとんどありませんが、
ウェイト、カラーによっては
一部まだ在庫はございます。

釣具取扱店さまにお問い合わせくださいませ。

現在、弊社では撃投ジグシリーズは
すべて
発送単位が二本からですので
お客様注文としても
受けてもらいやすくなっております。

また、TGエッジに代わるものとして
投技ジグシリーズの

「投次郎」はエッジに極めて近い感覚で、使っていただけるコンパクト
シルエットです。
ブレードチューンにはよく合います。

これもご参考に。

_20190718_111706

_20190718_111547

 

2019.07.18 11:53 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る