BLOG

2019.05.13

【担当者より】・金曜日のレポートへ

いつも撃投サイトの閲覧、ならびに
レポートを、真に有難うございます。

 

このサイトがショア青物を志向するアングラーの
ちょっとした息抜き程度になり
スキルのことや、メンタルのこと、なんでも
ちょっとしたインスパイアになれば
非常に嬉しく思います。

ですから、とりわけ旬のレポートくださる皆様には
感謝ですね。

 

糺さんへ

やりましたねぇ
糺さんの3人チームでとったと言う
二日目のヒラマサ、、
多分初日で、「帰ろうかどうか」、結構悩まれたんじゃないですか?
それでも残って成果を得ちゃったり。
こういう経験しちゃうと、諦めが悪い釣り人が
また、できていくんでしょうね(笑)、
チョイ気になったのは、あのあたりに温泉なんてありましたっけ?
もしかして米子まで風呂入りに行ったんですか?
温泉あるなら、自分も知っておかないとな・・と。。

 

大澤さんへ

五島までのアクセスの方法にフェリーを使うって、新鮮っす。
しかも新しい渡船船長と懇親して、スリムポッパーで魚を出して
新しいタイプのポイント引き出しを増やして、なんて。

自分なりのオリジナル。この達成感は、ご本人じゃないとわからない
良質な旅だったことでしょうね。開拓、ですね。
いまはもう閉まってる翼港で偶然お会いしてから
ずいぶんお会いしてませんが、またどこかの磯で
ぱったりおあいできるのも案外近そうですね

 

ぐっち~さん

自動販売機で飲むもの買おうと思って
おがさわら丸の乗り場歩いてたら川口さんと鈴木さんに偶然お会いすうるという・・笑
今回はずいぶんお世話になりましたし、
良かったです。
毎年男女でばったりって感じの遭遇でしたもんね・・
まさか今年は、竹芝桟橋とは、ほんと驚愕ですわ。

カマスサワラ掛けられた時は、足場大変なところでギュんぎゅん竿絞られてて迫力でした。
突っ走り、方向転換し、水しぶき上げまくるあの迫力!たまらんかったです。
それでも落ち着いてファイトされてたのが印象的でした。

どっかの離島でお会いしたらよろしくお願いします。

 

★ほかに弊社西浦の小笠原レポート続編も、
これはもう「釣り好き」という枠を逸脱した、なかなかの熱量です。

image1

 

撃投テスター三浦さんは、夢釣行で放送されたシーンの再現のような、
但馬でのレポートも、シーズンインを感じさせます。
なんで行く度にこんなに釣るんですかね?普通に但馬ですよ。

ちなみに但馬には昔からの長いショア仲間と近日釣りに行く予定です。
そいつと釣りに行くこと自体がめっちゃ楽しみです。
ジグは個人的には、新色の中でも「湾岸ゼブラ」「居つきとうごろ」の2色
が釣れる気がしますので、それで。

そういえば、三浦さんには近々、カラー4ページで
但馬山陰ベースでの雑誌取材があるそうです。
また、ご紹介できると思います。

 

★北海道ショアジギングミーティングについて

北海道も積丹を中心に、青物のシーズンインが近づいてます。
もう3年目になるというショアジギングミーティングが今年も
開催されるそうです。
弊社撃投テスターの千葉さんも運営メンバーとして遂力されてます。

北海道でのショジギングをたった一日で学べる機会だとおもいますし
自分も参加したいくらいです(諸事情から今年は断念しましたが来年参加を予定)。

ヤマリアさんや、ユニチカさんは、メーカー社員さんも現地に
展示とともに参加されるそうですからルアーや、ラインのことも
お聞きできると思います。
顔見知りが増えれば釣り場でも円滑になりますよ。

事前の申し込み方式らしく、今月15日が申し込み締め切りだそうなので
ぜひともお勧めです。北海道担当してまだ数ヶ月ですが、
私もできる範囲内で、そのアクション応援し続けます。

2019.05.13 09:40 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る