BLOG

2018.05.31

2018年初ヤズ

●釣行日    :2018年5月28日
●ポイント(場所):島根県 浜田
●お名前    :佐藤 禎一

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグ85g、ストライク85g他
●使用フック/サイズ:JF-36 4/0
●魚種/全長(cm):ヤズ(50cmちょい)

 

平日に休暇がとれたので、久しぶりに浜田へ行って来ました。

今回お世話になったのは正福丸さん。当日は平日にも関わらず、結構な釣人がいました。

 

自分はカゴ師の方と沖のイサセへ上がることに。

ここは独立礁で、潮通しも抜群且つ水深もあるショアジギング向けの磯です。

 

01

 

渡礁早々は13cmのミノーでカゴ師の方の邪魔にならないように注意しながらスズキを狙うも、一回それらしいバイトがあったのみ。

周囲が明るくなってきたところでスズキ狙いを切り上げて本命の青物狙いにチェンジ。

ポッパー→ダイペン→大型ミノーと泳層を下げながらローテーションしていきますが、本命からの返答はない・・・

磯際には2cmくらいの小魚はワッサワッサ群れており、回収されるカゴに驚いて飛び跳ねる始末。

 

02

 

そのままジグの出番となり、ストライク85gピンクグローをキャスト・・・が、バイトなし。

当日の天気は曇りなので、アピール重視でレベル80gのイカ金にチェンジした数投後にまさかの根掛かり&ロスト。

唯一持ってきていたゴールド系ジグをロストしてしまい、次はどうするかと思案した結果、小さいベイトに合わせることを第一として撃投ジグ85gブライトゼブラに決定。

その後数投した後のフルキャストからの着底後、ジャカジャカでジグを浮かせたあとの食わせのワンピッチ5回目でモゾモゾっとした違和感が手元に伝わり、すかさず合わせを入れると乗った!

頭にヒラマサという先入観があったため、ゴリ巻きで寄せて相手に主導権を与えず寄せて抜きあげたのは50cmちょいのヤズでした(笑)

 

17420543565b0d6c16475f7

 

とりあえず2018年初ヤズに一安心。

同礁していたカゴ師の方も自分のことのように喜んで頂きこっちの心もホカホカでした。

その方は40cmクラスのイサキを数釣られており、お互いボウズなしの状況でした。

 

この日は終始潮がガンガンに流れており、持っていたジグの中で一番重たい85gでも三回目の底どりが難しい

(自分の立ち位置の右側に瀬が張り出しており、魚が掛ったら即ラインブレイク)状況で、

なかなか自分の狙うエリアにジグを定位させることが難しく、100gクラスを持ってこなかったことに後悔。

そのまま何もなく納竿の時間となりました。

改めてルアーはウェイト幅を広く数を浅くしなければならないと実感した釣行でした。

 

17436192005b0d6c16481ba

475567755b0d6c1648992

釣ったヤズは刺身とユッケに。帰りのスーパーで購入した浜田の地酒と共に堪能させていただきました。

近郊の釣りもなかなか良いものです。

2018.05.31 09:43 | Categories:撃投釣果投稿
back
index

ページトップに戻る