BLOG

2024.07.11

185・飛沫をしっかり出すアクションにヒラゴサイズが高反応

●釣行日
2023年11月12日

●ポイント(場所)
山陰 沖磯

●お名前
バラン・ス・ボール

●使用ルアー/ジグ
ティンバー

●使用フック/サイズ
SJ -41TN 9/0

●魚種/全長(cm)
ヒラゴ 60cm

●釣果コメント
昨年の釣果ですがオーナーばり様のフックでの
釣果になるので投稿させて頂きます。

予定では山陰エリアでスマガツオが回遊してるとの事で
スマ狙いでの予定でしたが
時化により当初予定してた渡船が欠航の為
計画してたエリアとは別のエリアでの釣行です。

磯は船長にお任せし
ポーターをしながら最後に降りる予定でしたが
沖の方は時化で危険と判断された為大きくUターンし
先に磯に渡られてた初めましての方と
合磯をさせていただく事に

ご一緒させて頂く方に挨拶と状態を聴きに行くと
既に13センチ程のポッパーで
一本ヒラゴを釣られたとのことだったので
自分もKM工房さんのティンバーを装着し釣り開始

2投目で魚の反応があるもならず、
魚はいると思いながらキャストするとすぐにバイト

60センチ程のヒラゴでした。
SJ -41TN 9/0がガッツリフッキングして
外れない掛かり方をしてました笑笑

反応があったのでそのままキャストするものの
御同行の方は高反応、ですが自分には反応は薄く
アクションの違いを観察してると
ルアーに纏った泡より
ポッピンした時の飛沫に反応してると判断して
飛沫をしっかり出すアクションしたら
ヒラゴサイズが高反応
その後何とか2本目もキャッチ

シングルフックの為
フッキングした時のキャッチ率は良かったのですが、
中々食いが浅く乗せきれないバイトか多々ありました。
釣行の時にはルアーに付けてるフック以外に
そのフックの±1サイズのフックの
トレブル、シングルフックを持ち込んだ方が良い
と思った釣行でした。

時化て魚の反応は良くなるかも知れませんが
安全第一、命あっての釣り
常に無理なく安全第一で
釣りをさせて下さる環境に感謝しかないです。

2024.07.11 08:57 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2024年7月
S M T W T F S
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ARCHIVE

ページトップに戻る