BLOG

2022.06.01

103・祭りの後

●釣行日:2022年5月14日
●ポイント(場所):近所の波止
●お名前:播州爆投ジジンガー
●使用ルアー/ジグ:撃投ジグストライク105g (No.10)ピンクグロー
●使用フック/サイズ:ファイアフック3/0 自作アシスト微段差 最強根巻糸(中)ジギング組糸80lb(フロロ2号内蔵)
●魚種/全長(cm):メジロ(75cm)

 

 

少し前の話で恐縮ですが、夜勤明けでウトウトしていたら、釣友から「祭り状態でっせ!」との連絡を受け、緊急出撃するも時既に遅し。祭りは終わった後でした。

 

良型のぶりやメジロをぶら下げ、波止を後にする多くの人を横目に「しまった、出遅れた。もうあかんやろな」などとぼやきつつ、タックルセッティング。

 

まず最初に、エアロ95gブルピンをチョイスし、ジャークとフォールの強弱、間を一投ごとに変えながら探りますが、反応なし。

 

次に、ストライク105gピンクグローにチェンジし、着底、ワンピッチ2~3回後のポーンという感じのジャークをひたすら繰り返していたところ、そろそろ東に転流かなぐらいのタイミングで、フォール時に喰ってきました。

904566173629599c710bc6

今回は「祭りの後」という諦めの境地が、ジグの挙動を殺気立てなかったことで釣果に繋がったのかななどと振り返りつつ、釣れてくれた魚に感謝し、満ち足りた気持ちで波止を後にしました。

 

2022.06.01 09:37 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る