BLOG

2020.08.24

【担当者より】・灼熱の磯へ向かう方へ。枕の話し 

 

いつも撃投サイトを楽しんでくださる皆様、ありがとうです。

 

本日はストライクをスキッピングで、まるで沈み根の近くをトップのように使って魚を

 

出された平戸のあきさん。そして、トップでの魚の反応への瞬時の判断からフォローで

 

軽い60レベルをチョイスしてヒットさせたすっすーさん

 

九州のお二人から、いずれも組み立ての中でうまくジグを使って1尾を

 

引き出したケースをレポートいただいてます。

 

こうして拝読すると、ジグってタイミングやポイントの状況で汎用性のあるルアーですね。

 

イメージの拡がる紹介を、ありがとうございます。

 

 

 

さて、若干秋めいてもきましたが、まだまだ暑い磯。

 

暑さで意識も朦朧となってきやすいハードな状況だと思います。

 

特に地磯ならばなおさらですね。

 

撃投系のフローティングベストには、ボディプロテクターには、枕を固定するベルクロが装着されていることをご存じでしょうか?

1598236498679

1598236502497

1598236499708

これは主に地磯などで万一の滑落や転落などでも、後頭部をさらにしっかり保護するために設けているこだわりのディテイルです。

 

ヘツリや高巻きなどを伴う地磯釣行や、沖磯でも足場が高いところでは枕をさらに強く後頭部に押し付けて固定していただくことで、枕と、後頭部のクリアランスをなくし、初期の衝撃から頭部を保護したくて設けているものです。

 

 

 

時折、「これはなに?」と問い合わせをいただきますので、改めてご紹介しておきたく思います。

 

ちょっとでも「危ないな」と思える場所ではどんどん利用していただくといいかなと思います。

 

ゲームフローティングベスト3以降のモデル、もちろんボディプロテクター系にも

 

標準装備されております。

 

1598236500812

 

まだまだ暑い夏磯です。万一にそなえてご利用をおススメしたいディテイルです。

 

ちょっとご紹介でした。

 

2020.08.24 11:42 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る