BLOG

2019.08.19

今年のトカラ列島

●釣行日:2019年5月16日
●ポイント(場所):トカラ列島各島
●お名前:川北雅之

●使用ルアー/ジグ:梅雨ブギィ ブリットシンキングワークス170 オリジナルザラスプーク
●使用フック/サイズ:STX58 4/0 ST-66 ST-56 など
●魚種/全長(cm):小GT アオチビキ カスミアジ 約10 kg

 

毎年、訪れるトカラ列島。
ちょっと特別なフェリーに乗りました。
もちろん、船自体は普通のフェリーとしま2ですが、この旅は各島で島民の方の健康診断をするため、
停船時間が通常10分程度ですが、2時間ほど停船したりする変則的なスケジュールの船でした。
レントゲンバスや医療、役場スタッフ、観光客でごった返す独特の雰囲気でした。
ちなみに、この便のチケットを取るのは相当困難なようです。

そんな、特殊なスケジュールを利用して各島で釣りをしたり、知り合いのお宅に伺ったり、
温泉に入ったりしました。

途中、諏訪ノ瀬島でオリザラをひったくっていった2~3キロクラスのカスミアジ。
フェリーの乗務員さんが取り込んで下さいました。旅の出会いは嬉しい。

11083411645d5022e30a435

 

初日の晩は悪石島に停泊。夕方に着き、リーフを散歩するも沈黙。岩盤浴、温泉を済ませ夜の堤防へ。
しかし、トビや大型魚が現れることなく、アオチビキが慰めに来てくれました。

1457314025d5022e306d1a

 

翌日、トカラ列島最南端の宝島で下船。
毎年来ているトカラですが宝島は今回がはじめて。そして、これで全ての島に下り立ちました。
ドキドキワクワク。島を散歩したり、島の方にお話し聞いたり、
そして、メインベイトであるトビウオは今年はまだ一度も入ってないから釣りには早いよ!と

夜を迎え、港で様子見にルアーを投げてもやはり沈黙。
勝手もわからないし、取り込みにも悩ましい。
堤防にリーフの張り出しがあるので、低い場所まで魚を引っ張るのはなかなか困難そうだ。

根を詰めず、寝たり起きたりしながら、暇つぶし程度にキャストをしていると予定外のアタリが!!

 

えーーっ!

マジッスか!

トビ居なくても掛かっちゃった!あれ??けど、小さい。

ドラグも出されず、堤防の低い位置に誘導し無事にランディング。

 

4864473135d5022e30aff8
10キロほどの小GTではありますが、やはりシーズンの初物は嬉しい。
鈍い鉄色した魚体をいつまでも眺めて居たかったのですが、一期一会。急いでリリース。
また、会いにいきますよ!
日々の暮らし、仕事、子育て、あれこれ頑張ってきた事が報われます。

 

2019.08.19 09:40 | Categories:
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る