BLOG

2019.07.17

【担当者より】・30分とはっ!

クニヤスさん。

読んでてこっちまでドキドキ
するレポートをありがとうございます。

ほんま、その感じです。
一尾の満足感って、やっばり
プロセスの末にやって来ますね。

30分いっぽん勝負。
わかりますわぁ、その気分。
(ノ´∀`*)

自分も一昨日。
三連休の最終日の夕方にやっと
時間ができて、一番好きな地元の
波止に行きました。

釣り場に着いたのは夕方
6時過ぎ。一時間ほどしかできない。

波止にいた顔なじみの常連たちも
みんな、釣れてないって言うし

「あかんのかなぁ、、」
と思ったけど

投げれるだけでも嬉しいし
投げてました。

案の定自分には釣れなかったけど、

なんとっ!
80ちょいくらいかなぁ

ぶりを釣ってる人が魚をぶら下げて
後ろを通る。

 

_20190715_200518

 

「ストライク85でした」って
白い歯をニカッ!!と。

まぁ自分にはアタらなかったけど
あの潮で
ストライクで魚を出した人が
現にいる。

嬉しくてねぇ。

その人が、波止の上を魚ぶらさげて
歩いてる姿とか、写させてもらった。

 

 

DSC_0555

 

夕刻のほんのいっとき
クニヤスさんと一緒ですよ。

めちゃくちゃ集中して投げたんですけど
自分はバイトなし

けれど、そうやってあてる人も
いる。

聞けば非常に足元で、アタッた
らしいけど、自分となにが違ったんだろう?

近くであたってる。

思い当たるのは、自分は珍しく
あえて軽めの60㌘でライトタックル。

その人は、すぐ手前で、85㌘。

メタルジグならではの
上下の動きが、しかもストライクの
直下型水平フォールでぶりに
アピールしたのかも。

わたしはレベル60だから
激しいフラッシングの、左右揺れのある稲妻形のレベルのフォール
(直下にはフォールしない)

いろいろ思いますね。

メジロ以上になると
食い気のないときは、激しいブラッシングや
稲妻フォールを嫌うときがあるようにも思う。

いろいろ思います。

クニヤスさん、いいレポートを
ありがとうございます。

夏磯で、ひぃひぃいいながら
釣る、たった1尾。

それを知ってしまったら
もうヤバイですね(笑)

釣りは奥深いですねぇ。

2019.07.17 10:27 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る