BLOG

2019.05.08

【担当者より】・レポートありがとうっ!

★いつも撃投サイトの閲覧や、レポートを、ありがとうございます

連休が明け、連休中忙しい思いをしていた釣具店様に、すでにわたしは営業活動といった感じで
連休中の磯釣りのことも、あっという間に薄れ、現実に引き戻されています(苦笑)。

でもそれでいいんですよ。

制約あってこそ、釣りの楽しみは
貴重なものになります。
メリハリっすね。

 

★ 昨日のレポートへ

さて、佐藤さん、いつもレポートありがとうございます。
続稿楽しみにしてます。自分は宇治草垣群島はまだ行ったことないんで、読ませてもらえてありがたいです。
「マロニーみたいな」の表現には、笑ってしまいました。
あ、あれのことやな?と思います。

ほりさん
神戸沖堤防、始まったんですね。
自分もあそこ好きです。
一斉に釣れ盛る時合いがおわったあと、沈黙し始めた時間帯
そこをジグでなんとか口を使わせる。
そういう釣りがすごく好きですね。
神戸沖から眺める神戸の街は、晴れていると景色もいいですしね。
新色がさっそく魚を誘ってくれた
みたいで
嬉しいです♪

じゃいペイさん
おおーっ!あの世界に一本のサンプルカラーでサクラゲットっすか!!ほんまに釣りましたね。
札幌フィッシングショーでお会いして、指切りしたときの画像が、わたしのスマホに残ってました。
ありがとうです(⌒‐⌒)
DSCPDC_0000_BURST20190323102733016

釣りごろつられゴローさん
くしくも北海道のじゃいペイさんと、おなじですね「表層早巻きでガツン!」。
撃投と、投技では、挙動はまったく異なるため、魚はその違いをちゃんと認識しているのかもしれませんね。おっしゃるとおりまさに「あるある」です。
めんどくさくなりがちですけど、そこをめんどうがらずにジグをチェンジしてみた、釣りゴローさんの判断ありきかと。

 

★ サイトへのご質問

非常に丁寧な質問を山陰隠岐エリアをメインにされているかたから
いただきました。
非常に丁寧かつ、長文ですので
あらためてここに共有返答とさせていただきます。
ご了承を!

応えごたえのある
ご質問です。

すんごく、非常に
嬉しいです。

ちょっとお持ちくださいね

 

★連休中の母島のこと

非常に印象に残る釣りをしてきました。
小笠原の母島です。
釣行企画先導者の西浦と、掘さん、そしてわたし吉成
気心知れた三人での釣りでした。

釣りは旅

印象的な旅でした。

わたしも西浦も、あらためてここに書きます。同じ釣りを表現しても、それはまた書く者によってテイストは異なります。
味わってもらえたらと思います。

DSC_8980

_20190505_225048

 

★ソルトワールド誌

まソルトワールド誌さんのご厚意で
今回の小笠原釣り旅のことを
紹介させていただくことになりました。
アクセス、宿舎、渡船システム、
気候、ベストシーズン、有効だったこと、、などなど、多数ある画像とともに整理してお届けできると思います。

アクセスなどについては情報を整理して記載しますので、そちらもお楽しみに。

※あと、小笠原釣行は、もういくことはないと諦めてましたけど、やっぱり行ってよかった。

いろいろアドバイスをくださった
小笠原釣行先輩の方々、なかでも西浦に細かくアドバイスをくれたNさん!みんな助かりました。

2019.05.08 11:38 | Categories:
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る