BLOG

2019.04.17

2019年 初釣り

●釣行日    :2019年1月3日
●ポイント(場所):中五島
フィールドテスター 岡 公一郎

●使用ルアー/ジグ:撃投ジグストライク(85g/105/125g/150g)
●使用フック/サイズ:ジガーライトシワリ(#5/0)
●魚種/全長(cm):ハマチ
●他アイテム:撃投ボディプロテクター撃投PEフラッシュ(#4)、ジギング組糸(180LB)、撃投PEディスタンススプレーコールドブロックグローブ

 

2019年1月3日、今年の初釣りは釣友と共に中五島へと向かいました。
大きなウネリもなく船は港を出航しました。真っ暗なうちに渡礁し暗がりの中でお湯を沸かしカップラーメンで暖をとり、タックルの準備をしながら夜明けを待ちました。

01

 

波はないわりに若干の風…
立ち位置によってはラインコントロールがやりづらそうです。
初めて上がった場所だったので周囲がハッキリと確認できるようになってからゲーム開始。

最近は、朝マズメだからといっても良い事が無いので 程良い緊張感を持ちつつもリラックスムードで周囲をリサーチ。
ベイトは全く見えない状態でしたが、それも良く有る事なので先ずは大き目のダイビングペンシルでベイトを探してウロウロしている奴を狙う事にしました。

釣友と二手に分かれてリサーチしましたが、案の定「朝マズメの一発」は無く、風向きを考えながらジグで水面下をリサーチしました。
周囲はかなり水深があり潮の流れも複雑…
ジグから伝わる潮の感じから「居たら喰いそう」な気はするのですが何の反応もなし。

しばらくしてポイント移動しましたが、そこは島と島の水道に面したポイントで流速も速いエリアでした。
水深は足元からドン深で20メートル近くあり、キャストした先は更にディープ…
撃投ストライクをキャストしてみるも、潮の流れも手伝いどんどんラインが入っていきます。

幸いな事にチラホラとベイトの姿は確認出来、「もしかしたら…」と思わせてくれる雰囲気はありますが
水道を流れる潮流は更に流速を増し、セットしていたジグは次第に重たくなっていきます。

時折ベイトが追われ何者かのシルエットが確認できました。
しかし水面に寄ったベイトに果敢にボイルするわけでもなく「時々気の向いた時に喰っている」的な散発した感じで、ボイル打ちをするには一番タイミングを合わせきれない状況です。

シルエットからして小型のヨコワ???とにかく移動スピードが速い!!

02

 

そうこうしているうちに回収まであと30分程になりました。

トップとジグでのローテーションを続けていると水道を流れる潮が多少穏やかになりはじめ、足元に緩んだエリアが出始めました。
足元のカケアガリに添わせるように撃投ストライクでユッタリとしたワンピッチアクションの最中に「ドン!…ぽろっ…」

「ん???」

更に2回ほど軽くジャークするとまたもや「ドン!…ぽろっ…」

「ん??????魚??????岩??????」

回収したフックやジグにダメージは無く、同じコースをトレースさせようと立ち位置とキャスティングポイントを調整しながら数投し先程と同じコースにラインメンディングが出来ました。

先程と同じくユッタリとしたワンピッチの中またもや「ドン!」「ズズッ!!」
今度はそのままロッドにウエイトが乗り生命反応を捉えました。

急深の足元のハエ根を交わしながら浮かせランディング
ジガーライトシワリがキッチリとフッキングしていました。

 

03

 

回収20分前にキャッチした2019年のファーストフィッシュはメタボなハマチ
一瞬のタイミングでの一本。最後までどんなドラマがあるかわかりませんね。
新年からキープキャスト。今年もタフにチャレンジして行きたいと思います。

潮の感じからすると「今からかなぁ」という状況に、釣友と二人後ろ髪をひかれる思いで帰路に着きました。

 

僕は撃投ストライクというメタルジグを「バーチカルレンジでのペンシルベイト」と表現しています。
撃投ストライクはジグ自体にエッジが無く「ブルブルッ」という引き抵抗感が伝わりにくいのですが、引き抵抗が軽いぶん体への負担も非常に軽く、そのぶんキープキャストが前提となるタフなショアゲームにはマストアイテムだと思っています。

ボトムコンタクトの後、リーリングとロッドでの入力(ジャーク)の強弱で振り幅の違うドッグウォークに、インパクトジャークでのスライド&フォールを織り交ぜたアクションを基本とし、常に各レンジによるジグから伝わる感覚を探りながらターゲットのバイトゾーンを探すようにしています。
引き抵抗が少ないぶんアングラーは感覚を研ぎ澄ますことが必要になりますが、そこがリサーチしコントロールする楽しさだと思います。
撃投ストライクを使い始めてからというもの、ショアジギングが楽しさを再認識しています。

2019.04.17 09:10 | Categories:フィールドテスター
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る