BLOG

2018.10.15

【担当者より】・貴重なヒントが・・・

いつも撃投サイトの閲覧
ならびにレポートくださる皆さま
誠にありがとうございます。

全国的でしょうか?
今朝もそうですが、
ここのところ朝は空気がひやりとし
本格的な秋を感じます。

 

昨日の未明
よく出掛ける波止場へ行ってみました。

たいていは夕方散歩がてら
すこし楽しむだけです。

 

朝から出掛けるのは
何年ぶりでしょうかね?

顔見知りの釣り人は
ひとりもいなかったのですが
多くのアングラーが青物狙いで
楽しんでいました。

 

わたしはその波止場では
まだ今年は1尾も魚を釣ってません。

そんなこともあって
なんとなく
もし一尾釣れれば、一尾めは丁寧に
リリースしようと昨日は思っていた。

ところが周囲では
ポツリポツリと魚があがっているのを
見ました。

ハマチが5尾
サゴシ(サワラの小型)などが
上がっていました。

サワラをあげた方は
エアロ95グラムタイドグリーンの
テンションフォール

ハマチをあげた方のひとりは
ストライク85エッジバーン
丁寧なショートワンピッチ

レベルのひとは100グラム
潮にのせたワンピッチだったそうです。

この日
何匹かはわたしがタモで掬わせて
いただきました。

魚を掬ってみたら
撃投のどれかのジグをくわえていたり

投げているジグを見ると、使い込んだウルトラスローだったり

わたしは1釣り人として
馴染んで釣りをしていたいから
声に出しては言いませんけど

気持ちのなかでは

撃投使っていただいて

「ありがとうございます」

と思ってます。

 

わたしはと言えば
そうやって人様の釣った魚をタモで掬うばかりで
一尾も釣ることができませんでした(笑)

それでも、非常に、良い1日を過ごせたなと感じましたね。

 

 

後ろの港内では
サビキ釣りの地元のお爺さんが
自作の浮力アップした浮きで
サビキ釣りをしていました。

港内から出ていくベイトが
気になるし、どのていどベイトがいるかどうか気になって

 

「魚寄ってきますか?」
とわたしが尋ねれば
「あと15分ほどで食いだすわー」とのこと。

 

果たして、その通りで

おおむね15分後、急にバタバタと
釣れだして

本当に驚きました。
DSC_7240

DSC_7237

 

アジが急に釣れだす照度
イワシが急に釣れだす照度には
規則性があると
空を指差して
お話しされていました。

そういうところにも
ベイトが動き出す照度というか

なにか貴重なヒントがあるような気がして
面白いですね。

画像はそのときの
ものです。

2018.10.15 13:16 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る