BLOG

2017.09.28

【担当者より】・エアロのスライスフォール 先輩のはなし

わたしがよく出かける地元明石の波止で

自然と知り合った釣りの先輩から

以下のようなメールをいただきました。

 

撃投サイトに投稿するのは、気が引けるとのことでしたので、「自分が転載ということで取り上げていいですか?」と了解をいただきました。

今年はわたしの地元では例年になくシオ(カンパチの小型)が多く、ときにカンパチサイズも混ざりながらいまも釣れています。

エアロのスライスしていくようなフォールで立て続けにヒットさせたとのことですので、以下に転載させていただきます。二日連続でのヒットだそうです。
シオはよく引くし、食味もいい。
狙いたい魚ですね。

先輩の記述のなかで一ヶ所「潮上に投げて」とあります。メタルジグは着水地点と着底時点では激流の場合10メートル以上ズレが生じます。
着底時点でちょうど潮に対してクロス(理想的にはダウンぎみクロス)で最初のピックアップをスタートすればヒット率は格段に上がります。
先輩はそれを計算して潮上に投げているはずですので、その点だけ書き添えておきたいと思います。

潮上に着底しすぎると、最初のジャークではジグに潮が絡まないため、ジグは魅力的な動きをしませんので念のため。

 

先輩のレポートは原文のまま。各地で似たような状況もあるかもです。

シオを釣るヒントになればと思います。

 

 

<1日目>

お疲れ様です。

本日15時から出撃してきました。潮は西から東に変わった直後で、テトラから沖合約40mあたりに潮目もできていました。

私は、昨日仕事でしたが、休憩時間に吉成さんのスライスフォール理論を読み返し、今日はその実践でした。

エアロ95gピンクを潮上にキャストし着底後、自分なりに理解したスライスフォールアクションのワンピッチ&フォールを4~5回目で47センチのシオが釣れました。

その後、同様のアクションで、40弱のシオを追加しました。

私のやり方が、吉成さんの言われるスライスフォールなのかどうかは、わかりませんが、流れのある時のエアロの使い方に、活路が拓けました。

_20170928_101912

 

<2日目>

お疲れ様です。

本日は、二匹目のドジョウを狙いに、午後3時頃から出撃しました。

結果は、シオとツバス1匹でした。シオは、スタンダードブルピン105gで釣れました。

東流時に遠投した後、目測30m地点からのワンピッチ&フリーフォールに喰ってきました。49センチでした。

 

_20170928_102009

 

2017.09.28 12:33 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る