BLOG

2017.08.17

昼過ぎからの2時間勝負

●釣行日    :2017年8月13日
●ポイント(場所):宮城県 県北 地磯
●氏名     :ジガージャンキー

●使用ルアー/ジグ :撃投ジグ エアロ 95g ピンクグロー、ブルピン
●使用フック/サイズ:ジガーミディアムロック 7/0
●魚種/全長(cm) :イナダ 48cm、47cm、ワカシ 30cm

 

今回の釣行も宮城県北、地磯での釣果報告です。

 

ちょうどお盆休みということで、時間がありそうで時間がない毎日。

そんななかでも、少し時間を作り磯の状況をみてきました。
時間帯は昼過ぎからの2時間勝負。

天候は雨でやや強い横風を受け、海はウネリがあり波もそこそこ高い状況でした。

 

時間も無いので準備を急いでいると、沖にナブラが出始めました。

最初は撃投ジグ 85g ピンクグローをセットしキャストしました。

案の定、ウネリと横風のおかげでジグをシャクってもスカスカ。

おまけに潮流は激流で、ジグがあっという間に流されてしまいます。

 

そんな状況の時、迷わず選択したのが撃投ジグ エアロ 95g。

カラーは荒天時に実績がある、ピンクグロー。

潮上にキャストしても回収時には潮下へ流されますが、シャクってる感はあり

潮流も感じられますので、そのまま続けます。

 

数投していると、沖でのナブラが近づいてきます。

そのまま射程圏内に入るかと思いきやUターン…

それでも魚は近くにいると信じ集中しながらワンピッチで中層を探っていると、ゴンッ!!

やはり魚はいました!

引きからしてワラササイズ。

いつもならフッキングをしてリフトするのですが、魚が潮流に乗り潮下へ一気にラン。

耐えることしか出来ず、あえなくフックアウト。

非力な自分が情けないです。

 

それでもまだ魚はいると思い、キャストをすぐに開始します。

ジグの回収時はカンパチ狙いで、磯際ギリギリを高速アクションで探っていましたが、その狙いが的中!

数投でヒットの持ち込めましたが、ヒットした瞬間に根ズレでフッキング出来ず、根をかわしてしる間にフックアウト。

そうしているうちにナブラは消え、鳥も散っていきました。

 

気持ちを切り替えようとジグを撃投ジグ 100gに替えキャストしますが、激流と横風でスカスカ状態。

潮の流れにジグを乗せ、流しながら探ってもみましたが反応はなし。

 

結局、撃投ジグ エアロ 95gに戻して潮の流れに変化があるところへフルキャスト。

着底からワンピッチで5回シャクったところでヒット!

先程のミスを繰り返したくなく、すぐさまフッキングを入れます。

魚の引きはそれほど強くなく、キャッチしたのは48cmのイナダでした。

 

DSC_1354

 

 

その後、ジグを撃投ジグ エアロ 95gのブルピンに替えます。

風の影響を少しでも少なくするために、ロッドを倒し横方向にシャクっていると、

先程と同型サイズがヒット!

バラさないように慎重にやり取りし、キャッチしたのは同じようなサイズのイナダでした。

 

DSC_1358

 

 

そして終了時間間際、撃投ジグ エアロ 95g ピンクグローでワカシを1匹追加して納竿となりました。

 

今回は短時間でしたが魚とのコンタクトは多く、それをモノに出来ない自分に悔しさが残る釣行になりました。

 

 

使用したタックル
ロッド:ダイコー クロスブリード 100XH
リール:ダイワ ブラスト4500H
ライン:撃投PEフラッシュ 4号
リーダー:フロロ 50lb
フック:ジガーミディアムロック 7/0

2017.08.17 09:53 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る