BLOG

2017.08.01

【担当者より】・ストライクモニター 糺様のレポートへ

読んで、アツくなりました。

 

磯際で縦のジャークに転換することで

ジグがドスン!と押さえ込まれる

「おっさんジャーク」の醍醐味です

 

いままでに何度となく経験してきましたし、DVD撮影役の際も目にしてきた光景です。

 

まるで静止状態? で水平に沈んでいるように見えるくらいの細かいピッチのローリングジャーク。

他のメタルジグメーカーを俯瞰してみても類がないアクションではないかと思います。

 

その調整は、ジグのセンターキールで分けた水圧の揺れ戻しをどう調整するか?

にあります。

 

鉛比重の製品でのローリングアクションに関するこだわりはヒラメやシーバス用ジグヘッド「アックスヘッド」に遡ります。

撃投シリーズではレベル、ストライク、ウルトラスローはローリングに属します。

また、機会があれば詳しく書かせていただきます。

ローリングアクションには、なにか魔力がありますね。

 

それにつけても、読んでいてアツくなるレポートでした。

たまらんですね。

 

写メは、ちょっとした暗がりで撮したストライクです。蓄光がすごいでしょ。

かなり光る蓄光顔料をふんだんに使ってあります。

 

DSC_8210

 

目玉が光ってたり

ドットが光ってたり

サイドエッジが光ってたり

撃投シリーズにはどこかにグローの効果がちりばめられていることもシリーズとおしての特徴のひとつでもあります。

ご参考までに。

_20170801_104401

 

 

 

ちなみに、ストライクモニター様にはすでに後発のストライクを追加発送させていただいております。

また、アツいレポートをお願い申し上げます。

 

 

余談ですが、わたしの携帯は一台は兵庫県明石市の波止のテトラの間に落ちていきました。

また、もう一台は高知県梼原川のダムバックウォーターにゆらゆら沈んでいきました。

お気持ち察します。

気をとりなおして、レポートをお願いします(苦笑)

2017.08.01 10:46 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年7月
S M T W T F S
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ページトップに戻る