BLOG

2017.06.19

良い経験

●釣行日    :2017/6/11
●ポイント(場所):南紀沖磯
●氏名     :モッキ

●使用ルアー/ジグ :秘密のルアー!ラピード
●使用フック/サイズ:ST-56#2#1/0
●魚種/全長(cm) :ハマチ 60cm61cm、ツルクエ(南紀での通称) 80cm 6.1kg(渡船屋にて計測)

 

今年初めての南紀沖磯へ釣行しました。

朝から雨がポツポツ降っている曇天で、好条件だと思っていたが

磯に立ってみてガッカリ・・・

流れが磯に対して当て潮・・・

あまり良い思いをしたことない条件・・・

 

しかし、気持ちを切り替え!上物師・底物師の方と相談し入るポイントを決めて釣り開始です。

(通いなれた磯ですが、必ずお声を掛け相談しています)

 

 

まずは、ポッパーからキャスト!反応がないのでダイビングペンシルにチェンジ!数投ごとにカラーチェンジ!

一時間ぐらい投げました。

ようやく、ダイビングペンシルに出ました!焦ることなく一呼吸、鬼フッキング!

難なく寄せてブッコ抜きました。

しばらくして、同じように二匹目をキャッチ!

852

 

朝のチャンスタイムも終わり、トップ系にも反応がなくなり目先を変え秘密のルアーを投げました。

二投目でヒット!ゆっくりポンピングし磯際まで寄せました。

しかし、魚が浮いてきてない?

 

異変に気付いた瞬間!

今まで経験した事無い猛烈な突っ込み!

スピードはないが怪力!

しかも磯にはりつく!

リーダーも磯に擦れている感覚あり!

何の魚?

ここから、謎の魚との闘いが始まりました。

ゆっくりと焦らず、何度も何度も磯からはがし・突っ込みをいなしてようやく魚が浮きました!

上物師の協力もあり、何とかスジアラをキャッチできました。

securedownload8
しかし、よくこんな魚ショアからとれたなと自分でも思います。

 

自分なりに検証した結果

・ロッド プラッキング用11f     (気持ち長め)
・流れあて潮             (沖に向かって流れてたら止めれるわけがない)
・リーダー22号           (この太さでもボロボロ)
・フック カルティバST56#2変形無し!(これ一番大事)

 

securedownload55

 

2017.06.19 10:00 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年12月
S M T W T F S
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

ページトップに戻る