BLOG

2017.04.28

【担当者より】・2017年「撃投サイト」スタートです。

釣り業界で営業の仕事をしていると

1月から早速、横浜と大阪でフィッシングショー

そしてそのあとは、全国至るところで行われる展示会などが4月まで続きます.

わたしの場合今年は、横浜、大阪、新潟、高知、仙台と各地で展示会に参加させていただきました。

先週末、そういった展示会の東北、仙台を終えたばかりで、わたしにとってはこれが今期の春の最終展示会でした。

 

オーナーばりの営業企画部に所属するメンバーは9人。

その9人が、通常の釣具店への営業と、そういった展示会などを補いあいながら

なんとかこなしています。

営業企画部なんて、名前はカッコよくても、なんてことはない。やってることはとても泥臭い。かっこよくなどありません。

毎日がバタバタですよ

 

わたしもそのなかに所属しているひとりです。

オーナーばりにはいわゆる「企画部」なるものが存在しません。

企画という範疇には、商品企画はもちろん、販売促進企画とか、さまざまな企画があります。

オーナーばりの場合、それは、すべて営業マンがやる風土のようです。

もちろんわたしもそうしてきました。

 

この撃投サイトが4月にスタートするわけは、そんな春の怒濤のような展示会系がやっと落ち着くのが4月だからなのです。

 

変な表現ですが、営業や企画業務の

余力で、できる範囲でやってる。そんなサイトです。

SNS全盛で、情報はあっというまに流通するのが最近のようです。

撃投サイトなんて、はたして意味があるのかな?などと考えたりもするわけです。

まぁ、でもしかし、なにか意味もあるのだろうから、続けていこうかと。

 

さっきもお話ししたように、撃投サイト専属の者はおりません。

担当者であるわたしと、当初から撃投サイトを支えてくれている電算室の中上(なかうえ)と、四年前オーナーばりに入社してきた広報の西浦と、3人です。

そもそもわたしは外回りですし

中上と西浦も、内勤で自分の仕事はびっちりです。

 

「余力で」と失礼な書き方をしたのは

そういったことを、ご理解いただけたら助かるなと。。

オーナーばりの社員でサイトに関わるのはその3人ですが、このサイトを盛り上げてくださる主体は今年も、レポートをくれたり、読んでくださる皆様であることに変わりはありません。

 

ゆきとどかぬことも多いかと思いますが、ご容赦ください。すいません。

年明けから、先週まで

各地の展示会では、さまざまな方と話す機会をいただきました。

いろんな方との話が印象に残る。

 

対話してくれた皆様に

ありがとうと言いたいです。

撃投サイトを見ている。とか

撃投DVDでこの釣りを始めた。とか

レポートしましたよ。とか

そんな話しを聞かせていただくたびに

こう見えても気持ちのなかでは結構感動しているのです

 

毎年、この撃投サイトをスタートするときに、なにかをこうして書かせていただきながら、なにかを感じています。

撃投ジグを発売してから何年かたって

撃投DVDなるものを録りました。ビデオカメラをわたしが回したのは、当時の撃投への「熱」だったのだとおもいます。

マイナーすぎて、釣り業界から相手にされなかったからそれへの反発もありました。

岸からでも、ほら!釣れるんです!

と、伝えたくて、撮りはじめた。

 

1493333434431

 

プロのカメラマンにお願いすれば、綺麗な映像は撮ってくれるだろう。

けれど、この釣りの奥行きや、凄みを、伝える映像は、自分が撮るべきだと思いました。そうしないと、納得できなかった。

細かいところまでこだわった。

ほかの誰かには撃投DVDは

任せられなかった。

いろんなことがあったけど

誰の意見も聞かず、突っ走って撮った。

そんなことをいま、これを書きながら思い出しました。

DVDの編集作業は

わたしは病院のベッドの上でしていた。

 

だから、いまから12年前のことだ。

 

バイクの事故で4ヶ月入院していました。

骨折ヶ所は14ヶ所(笑)

リハビリ以外することがなかったんです。

だから時間があった。

だから、編集ができました。

 

DVDにはとても気合いが入っていたから

とても時間がかかって

いま思えば、あの入院で得た時間のお陰でDVDをしあげることができた。

 

1493333449449

1493333457193

 

 

しかしなんですね、わたしが書く文章は、いまこうして書いていながら、文脈もなにもない。(笑)

 

まとめないといけないですね(笑)

 

そんな、今年の展示会のなかで、お会いした

アングラーの一人が話してくれた

 

「撃投DVD1をもっています。いまでもしょっちゅう見てますよ。あのDVDの最後に流れるエンドロールの言葉あるじゃないですか? 吉成さん、あれを言いたいから撃投始めたんじゃないですか?」

 

 

と、印象深いことを

いってくれた。

通勤中の車内や

釣行の車のなかで見てくれているそうです。

DVDの内容など、いまとなっては

多少は古くさい。

それでも、見てくれているそうです。

エンドロール、なにを書いたっけ?

久々にDVD

見てみました

 

1493333406904

1493333415718

 

読んでみて思うことは

 

それが今でも、

なんら変わらないこと。

一文字すらも変わらない。

ゆくゆくは

磯につながる。

磯釣り文化の、ひとつになる可能性もある。

 

読んでいて、懐かしくおもいますが

その一方で

このエンドロールのきもちは

本当にいまも、変わらない。

 

ひと文字も変わっていません。

ルアーとか、餌とか

そんな区分はありません

釣りは、釣りです。

 

できれば、このサイトを見てくださる方は

共有していただけたら

嬉しく思うのです。

 

今期もよろしくお願いします。

担当者、吉成秀人

2017.04.28 10:29 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2022年8月
S M T W T F S
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

ページトップに戻る