BLOG

2015.11.27

【担当者より】・男女の夜

つもレポートありがとうございます。今日も、営業出張先でちょっと遅い昼飯のラーメンを食べつつ、頂いたレポートを読ましていただきました。
DSC_7317
タイトルに「男女の夜」とありますが、ここでの男女とは、男女群島のこと。あやしくありません。
ここ以外で会話するときは気を付けてくださいね。(笑)

その男女、西浦(担当者2)のレポート読んでいただけましたか?
西浦にバイトしてきたキハダのサイズですが、恐らく西浦は少し控えめに表現しています。ほぼ全身がスローモーションバイトで、しかも目の前20メートルで視認できたため善く覚えているのですが、推定ですが50キロでは済んでいないように思います。
あのスローなバイト、僕は確実にルアーをくわえたと思いました。
西浦もそう思ったと思います。
当日は撃投PE追加サイズの試作品6号を使用していたこともあり、西浦はキツメのドラグで望んでいました。
それを見てからは足場の不安定さもありますし、「にっしゃん、ドラグ、5キロくらいにしといてくれよ!頼むでほんま!事故が怖いわ」と、念のため確認した次第。

西浦は、普段は穏やかな感じなんですけど、魚を目にすると実に攻撃的に【豹変】する人なんで、ちょっとヒヤヒヤでした(笑)
夜は夜で、もうおっさんトシな僕はヘトヘト。クエ釣りをしてる西浦の後ろの高台にテントはって早々と寝たんですが、暫くすると夢かうつつか

「吉成さーん、吉成さーん、吉成さんっ!!!」と緊張感のある声が。

半ねぼけで、テントから出るとでかいクエが水面に浮いてました。

こりゃえらいこっちゃ!!

とすぐにギャフをもって下に降り、クエを掛けて引きずり上げました。
寝起きで少し半ねぼけで、ギャフうちも何度かミスり少しヒヤヒヤでしたが、なんとか上がりました。そこで写真をぱちり

結構興奮しますよクエ。
今思えば、早くクエをギャフでかけないといけないと焦っていたせいか、フローティングベストも着ずにギャフ掛けてました。

夜の男女の激流。今思えばあってはならないことです。絶対にあってはならないことでしたね。
そのあとは、テントの入り口にまずフローティングベストを置いてから寝るようにしました。

 

で、暫くすると
またもや

「吉成さーん、吉成さーん、クエ!クエ!!クエですっ!!」と

まるで青田赤道のような(花の応援団ですね)叫びが聞こえてきました。クエ クエ クエ!!

まじか!!、またクエ釣れたのか?と驚きましたが、またもクエ!!

今度はベストをちゃんと着て、ギャフ掛けました。

 

そのあと翌日から営業に出張した僕は、【クエをひと切れも食べていません( ̄ー ̄)】
西浦たちは、皆でクエ鍋したようで、普段は来ない会社のメンバーまで不思議と集まって盛大にクエ鍋会が行われたらしい…
俺が、命懸けでクエ、掛けたのに~(TДT)
ま、そんなこんなで、またひとつ思い出もできました。
こんな経験させてもらえる。
快く?釣りに行かせてくれた家族やら、休み取らせてくれた会社やら、つきあってくれる仲間たちやらに感謝です
そういえば、夜を徹して長崎へ走り、風呂入りたいけど、まだあじかさんの風呂は時間外で沸いてない。
諦めてたところに、本日レポートくれてる川口さん登場。彼はワイルドにも、この寒いなか水でシャワー浴びてました。

「結構キモチイイですよ」とさわやかに言うもので、僕も真似してみましたね。

念のため脱衣所で無意味に腹筋と腕立て伏せを一気にして、体温を上げて、気合いもいれて、水でシャワー!!
川口さんが言うように、確かに結構いけました(^_^)v

そんな男女でした。

2015.11.27 17:32 | Categories:担当者より
back
index

ページトップに戻る