BLOG

2022.09.05

243・自分の印象にずっと残る魚

  • 釣行日:2022年9月4日
  • ポイント(場所):三保海岸
  • お名前:コヤナギ
  • 使用ルアー/ジグ:撃投ジグレベル40g
  • 使用フック/サイズ:投技フック1/0 フロントに2セット
  • 魚種/全長(cm):カンパチ(ショゴ)43cm

 

 

初めて投稿させて頂きます。

午後から夕まずめ狙いで1級ポイントから少し離れたサーフにエントリーしました。

潮がスッカスカでしたが、投げ続けていると、だんだんしゃくっているジグに重みを感じるようになってきました。

潮が動き始めたかなと思った次の1投のフォール中に、竿先がピクピク動きだしたので、魚がついているのがわかりました。

『食ってくれ』と思いながらも、着底した時に見切られたくなかったので、着底後すぐにしゃくれる準備をしました。

着底してすぐに、魚がびっくりしないように、かつルアーを食いやすいように、優しくふわっふわっと食わせの間を入れたしゃくりの3しゃくり目でひったくるようなあたりがあり、そのまま合わせをいれました。

40センチオーバーのショゴ でした。

同行者も、同サイズのショゴを一足先に釣っていたので、ジアイだったのかもしれませんね。

今回、釣れた魚も嬉しかったのですが、ジグから伝わる情報をこれだけ感じ取れて、海中をイメージ出来て、魚をかけたことがとても嬉しくて、自分の印象にずっと残る魚になると思い、投稿させて頂きました。

今回のセッティングで気になったのは、投技フック2セットフロントにつけるとリングが2つになるからジグの動きに影響が出るのでしょうか?

実際今回のショゴは針1本しかかかっていなかったので、そもそも投技フックを使用する際は2本必要ないのでしょうか?

今まで針にこだわりがなかったもので、色々考えながらセッティングしてます。

自作アシストフックにも挑戦してみたいです。

2022.09.05 09:09 | Categories:撃投釣果投稿
back
index
投稿はこちら
2022年10月
S M T W T F S
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ページトップに戻る