BLOG

2022.07.21

【担当者より】・昨日のマサさんのレポートに

おつかれさまです。

今日も釣りばりセールスマン活動にいそしんでいる担当者です。

ふとした休憩で、レポートをじっくり読み返させてもらったりしてます。

・昨日のマサさんのレポートを拝読してまして、エイのヒットのことか書かれたました。

エイ、すごい持久力ですよね?スレだったりすることも多くてなかなか大変です(´д`|||)

・まぁ、しかし、この釣りをしていると、メインターゲット以外にいろんな生き物がヒットします。
エイだったり、う◯がめだったり、鮫だったり。
磯ならば時には巨大なサイズがかかることもあり、それをどういう機会ととらえるか? という私見をすこし。

・エイやう◯がめは持久力があり長時間戦になります。サメはさらにそこに突っ込みとハイジャンプが加わり場合によっては体勢を崩し極めて危険なやりとりになります。


・メインターゲットでは経験できない強いトルクや疾走感を、少々引き込みの感触は違うとしてもど、たとえば「キハダや、GT,大型カンパチのヒット」と仮想想定し丁寧にやりとりしない手はありません。

・とりわけ、ファイト体勢として腰を落とす意識、グリップエンドのポジションや、フォアグリップの保持の仕方、寄せと貯めの両手持ち替えの効率的連動、速やかな寄せのロッドワーク角度、ドラグワーク、寄せたあとのノット箇所の伸びチェック、などなど、ほんとうにいろんなことを経験できる貴重な機会だと思います。

・広場でリーダーをどこかに結んで、腰を落とし、ドラグを確認する作業をすることは多いと思いますが、実際の「生物」がラインの先について暴れている状態は、そうそう経験できません。自分はそんな感じで他魚のヒットも得難い機会と思ってます。

・トルクのある魚や生き物が、意図しせずヒットしてしまった場合、エイならしっぽのトゲは凄まじく危険ですので、可能ならギャフでフックを引っかけハリを強く引き外すとよいとおもいます。

・またサメは小さいものから巨大なものまであり、サイズにもよりますがいずれにしても他の魚類よりも「空気中で眼が見える」そうです。これはかつて漁師からお聞きした話しで、なんのエビデンスもないですが、その漁師さんの仲間は一瞬の油断で手首から先を失ったそうなので、少なくとも自分はその言葉を意識して対応しています。

・またトルクのあるメンバーです。絶対してはいけないことは誰かにサポートしてもらうときに、絶対にリーダーを掴む、手に巻き付けるなどのことをしないほうがいいです。
磯上など陸の上にあげてからでも急に暴れだすと凄まじいトルクになりますし、グローブをしていても怪我をします。下手すると体勢を崩しますのでこれも要注意ですね。

・なんとかルアーをうまく回収できたら、うまくリリースしてあげられたら、つぎは本命がやってくるかもです。

貴重な機会です。
「なんやエイか」言われることもありますが、そのヒットから得られる情報は膨大なんで、案外ありがたいと思ってます。

2022.07.21 15:26 | Categories:担当者より
back
index
投稿はこちら
2023年1月
S M T W T F S
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

ページトップに戻る