BLOG

2020.12.08

海岸一帯でのハマチ・サゴシ祭り

●釣行日:2020年12月6日 日曜日
●ポイント(場所):福井県 波松海岸サーフ
●カルティバフィールドテスター 中山隆夫
●使用ルアー/ジグ:ライトショアジグ投技ジグ30~50g 投次郎30~50gなど
●使用フック/サイズ:投技フック#1
●魚種/全長(cm):ハマチ、サゴシ50cmクラス

 

毎週末、波が高く中々、沖磯釣行ができ無くなってきました。

当日は波高さ1mの予報で渡船乗り場まで行きましたが、渡船中止になり、パブリックなサーフを見に行きました。
すでに多くのルアーアングラーとサーファーがスタンバイしており賑わってました。

沖磯用にタックルを準備していたのですが、車内に忍ばせていたライトショアジグが活躍しました。

 

image9

 

シンキングミノーやバイブレーションよりも遠投力のある小型のジグが有効でした。
表層でシラスが湧いていて、青物のナブラが朝一からずっと続いていますが、表層より底目での反応の方が多くありました。

image1

image2

image2-1

また大きくロッドを振り上げたアクションをするほど反応は良いですが、サゴシカッターでロストする確率も高くなりました。
釣り上げたハマチやサゴシから沢山のシラスが吐き出されました。

シラスに模した投技フックのフラッシャーの効果も絶大だったと思います。

 

海岸一帯の広範囲でのハマチ、サゴシ祭りは、ほとんどのアングラーが堪能していた様でした。

 

image5

image3-1

image3

 

年末年始まで良い状況は続きそうですが、天候は日に日に冬型の気圧配置も強くなりそうなので万全の安全装備で釣行していただきたいと思います。

2020.12.08 09:40 | Categories:フィールドテスター
back
index

ページトップに戻る